毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1826号 時間管理戦略から時間管理戦術へ


■一昨日、昨日と、


 【 「術」に頼らなくても成果を残せる考え方がある 】


 そんなお話をいたしました。

 言葉を換えると、


 【 時間管理において、

  (時間管理術よりもまず)時間戦略を練ることこそが最重要 】


 ということになります。


■いろんな時間節約のテクニックは、上記で言うところの
 「時間管理『術』」ということになり、

 「術」に取り組む前に、まず戦略を練りましょう、

 という提唱でした。

 ※けっして「術」を否定しているわけではないので
  念のため。


■軍事用語だけでなく、ビジネス用語としても

 「戦略」「戦術」

 という言葉が一般化していますので、
 いまさらの話なのですが、


 大局観をもって、絵を描くという「戦略」がはじめに
 あったうえでの「戦術」であって、

 いくら戦術に徹底的に磨きをかけたところで、
 肝心の戦略が誤っていれば、得たい結果をえることは
 できないのです。


■時間管理においても、上記の考え方は抑えておかなければ
 ならず、

 自らの時間管理を制し、万人同じく所有する、

 1日=24時間を活用して圧倒的なパフォーマンスを発揮する
 ためにはまず、


 【 時間管理の戦略 】


 を立て、そのうえで


 【 時間管理の戦術 】


 に進まなければなりません。


■これは決して戦略が正しければ、戦術はいらない、
 ということではありません。

 そういうことではなく、

 正しい戦略をもっていれば、戦術も活きてくるけれども、
 誤った戦略の上にいくら「術」を磨いても、成果は
 ついてこない。

 そういうことなので誤解しないようお願いします。


■繰り返しになりますが、


 【 正しい戦略 ⇒ 正しい戦術 】


 があれば、最高のパフォーマンスが発揮できますし
 これがもちろん理想の状態となります。


 戦略を学んだ上で、戦術、

 この流れで時間管理の戦略戦術を私も身につけたいと
 思っています。


■そんなことを考えるきっかけになったのが
 先日もご紹介させていただきましたが、

 わたし(鮒谷)が最近仲良くさせてもらっている
 ゴマ・ホールディングス株式会社の斉藤広達社長の
 この本です。


 【 今日のお薦め本 限られた時間で最高の成果をあげるための
                       サンクコスト時間術】




■著者の斉藤広達さんは、

 慶應義塾大学を卒業後、
 エッソ石油(現エクソンモービルマーケティング)に入社し、
 主にマーケティング関連の業務に従事。

 シカゴ大学経営大学院修士(MBA)取得後、

 ボストン・コンサルティング・グループ、
 シティバンク、
 ローランド・ベルガー

 を経て、

 現在はゴマブックスはじめ複数の会社を関連会社に
 持つゴマ・ホールディングス株式会社の社長を
 されてます。


■詳細はこの本、ぜひお読みいただければと思いますが、


 「サンクコスト時間管理『術』」


 というタイトルながら、


 【 時間管理『戦略』 ⇒ 時間管理『戦術』(時間管理の小技) 】


 へと、うまく順序立てて、説明されています。


■キャリア設計するにも、仕事で結果を出すにも
 一番重要なリソース(資源)は時間です。

 その時間管理の戦略、戦術を学ぶのは
 今更ながら必須の学習ジャンルなのでしょうね。


■世の中にいろんな時間管理の本が出ていて、

 時間管理戦略、戦術、入り乱れ、

 訳が分からなくなってしまった頭(=私の頭、、)

 も、この本を読むことですっきり整理されることと
 なりました。


■ぜひご一読をお薦めします。


 【 今日のお薦め本 限られた時間で最高の成果をあげるための
                       サンクコスト時間術】



 先日、ご紹介させていただいたところ、
 Amazonでも一瞬でこの本が品切れ状態になってしまいました。


 あらためて入荷されたようなので、
 いろんな時間管理本を読んで頭の中がパニック状態に
 なってしまっている方(=この本を読む前の私みたいな人)

 であれば、きっと頭の中が一気にクリアになるとおもいますよ。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■戦いでもビジネスでも、結果をだすための順番がある。    すなわち、それは    【 正しい戦略 ⇒ 正しい戦術 】    をとることである。   ■キャリア設計上、あるいは仕事で結果を出す上でも    一番重要な資源である時間について、同じ事がいえる。    【 時間管理『戦略』 ⇒ 時間管理『戦術』 】    の順番に設計することで、高いアウトプットを残すこと    ができるようになるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。