毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1805号 情報発信とフィードバックを繰り返す


■今回、読者さんにメルマガのご感想を募ってみて、
 あらためてわかったことがあります。


 それは、


 【 「情報発信とフィードバックの繰り返し」は

    自分が何者であるかを深掘りする、らせん階段状のプロセス 】


 であるということ。


■ここでいう「情報発信」は、


 ブログ、メールマガジン、会食、日々の仕事、

 あるいは、

 あなたが経営者なら取組んでいるビジネスのすべて

 を指しています。


■「発信するところに受信あり」といわれますが、

 上述のような、さまざまな手段でもって発信していくと
 たとえば


 ▼ブログに残されるコメント、感想のメール

 ▼会食中の会話

 ▼取引先やお客様、あるいは関係部署の人からの要望や意見


 など、

 異なる世界に属する人からのフィードバックを得られる
 こととなります。


■それまでに自分がもっていたノウハウ、アイディアや
 考え方、ひいては生き方(自分自身のあり方)そのものに対して、

 あたらしい意見が持ち寄られ、統合され、

 結果、より高いレベルに人生も仕事も止揚されることとなる
 わけです。


■一方的な発信だけでは
 「独りよがり」や、「信念や価値観の固定化」を生み、

 新しい血(知)を取り入れての、持続的な成長が見込めません。


 「出す、入れる、統合する」

 その繰り返しが、つまるところ

 「いったい私とは何者であるか」

 の自己認識を深掘りする貴重な機会となるのでしょう。


■自分の内部構造(思考)と他者の内部構造(思考)を
 ぶつけあうことで、

 自らの成長と他者の成長を相互に加速させながら
 上昇していく。

 こういった

 「らせん階段状のプロセス」

 を高速回転させることができれば、より早く成長していける
 ことになるはずです。


■人並み以上に


 【 対面の発信 】 ⇒ 【 対面の受信 】

 【 活字の発信 】 ⇒ 【 活字の受信 】


 のプロセスを行ってきた自負だけはある私は、
 この流れは速まるほど、

 自分も付き合う人も成長速度が増すことを、
 身体を通して知らされてきました。


 今回の試みの目的は、その過程をさらに加速させることにあり、
 しばらく続けていきたいとかんがえています。


■ぜひ皆さまにもご協力をお願いできましたら幸いです。


 それぞれの言葉で結構ですので、

 「平成進化論」を読まれての気づきや発見、

 思考や行動にあらわれた変化、

 今後の要望、メルマガならびに鮒谷に期待すること、

 など、忌憚ない内容をお知らせ願えれば幸いです。


 それらの一つ一つが私自身を高めさせていただく材料となり、
 ご縁となり、ひいては当メールマガジンの質にも反映される
 こととなるはずだとおもっております。


■ひきつづき、応援よろしくお願いいたします。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「情報発信とフィードバックの繰り返し」は    自分が何者であるかを深掘りする、らせん階段状のプロセス    である。   ■「出す、入れる、統合する」で自分も周囲も成長が加速    される。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。