毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1769号 自ら所有する資産の査定


■今日は

 「自ら所有する資産の査定」

 というテーマでお話ししたいとおもいます。


■よく、資産運用の基本として、

 「いまもっている資産をまずは正確に把握すること」

 という話を聞くことがあります。


■そうして、

 現預金、債権、株式、不動産、貴金属などなどの時価を評価し、
 合計して、

 「私の持っている総資産は○○万円」

 みたいな話になりますね。


■以下は、

 あくまで個人的な意見で、読者さんに同意を求めるわけでも
 強要するわけでもないのですが、

 じつは「平成進化論」読者さんのなかで、
 もっとも比率が高い20代、30代においては、

 そうやって計算した総資産が3億、5億、10億あります、
 とかいう特別な人ならまだしも、

 正直に言うと、今持っている金融資産や不動産の価値を
 足し合わせた金額なんて、なにほどの意味もないとおもっています。


■なぜかというと、

 たとえば一般的に、この年代の貯蓄額としては
 数十万から多い人で数千万、という人が圧倒的多数だと
 おもいますが、

 上記の計算が腑に落ちないのは、


 【 自らが生み出す所得の元本(すなわち、あなた自身の稼ぐ力) 】


 を自らの資産として計上していないところにあります。


■仮にもしあなたが、

 (給与であれ、事業者としての稼ぎであれ)

 年間に500万円生み出す能力があるとしたら、

 「あなた(の能力)」という資産(元本)が年間に500万円を
 生み出しているということになります。

 仮に元本を年間5%で運用しているとして逆算してみると、
 「あなた自身の稼ぐ力」の資産価値は1億円ということになります。


■ということは、

 いま、年間収入500万円のあなたに、1000万円の有形資産が
 あったとしたら、

 総資産は

 「1億1000万円(=1000万+1億円)」

 ということにならないかと思うのです。


■じつはそういう理解に発想をシフトすることで、

 この1000万円を元手に、
 自分がより高い所得を生み出すための投資
 (すなわち勉強やネットワーク拡大)

 を積極的に行おう、というインセンティブが働くようになります。


■そうして、

 仮に1000万の貯金をすべて取り崩して投資しても、

 知識を得、能力を向上させ、スキルを身につけることで、

 転職、あるいは自らの事業を成長させることにより、
 年間に800万円の収入を生み出すことができるようになったら
 あなたという元本の価値は

 「1億6000万円」

 となり、

 あなたが保有する資産は「5000万円」増加したという計算に
 ならないか、

 なんて思ったりするのです。


■そんなのは机上の空論だとか、
 個人のお金を生み出す能力について、そういう換算をするのは
 正しくない、

 とかなんとか、まあ、いろんなご意見が出てくるかもしれませんが、
 あくまで冒頭にも申し上げたとおり、

 「わたしはそう考えている」

 というだけの話なので、

 「自らの稼ぐ力」に対して、

 上記のように資産価値として計上することについて
 正しいか、正しくないかといった議論は受け付けないことに
 させてください。(汗)


■ただ、そういう計算をする発想をひとたび持つと、
 日々の行動が変わってくるのは間違いありません。


 ちなみに私は学校を卒業してから、いまの貯蓄の額なんか
 まったく気にしたことがありません。

 というか、あればあるだけどんどん使ってしまえと
 思っているのです。

 それが直接、間接に「自分の稼ぐ力」に反映するとおもっている
 限り。


■「直接」というのは、ビジネスに直結する学習、

 「間接」というのは、見聞を広める、教養を身につける、
 将来を見据えての人のつながりの維持構築、

 ということですが、

 手元にお金があったらあっただけ、それらに投資しようと
 おもっているのです。


■当然、目先の蓄えは乏しくなりますが

 (そういう意味では相変わらず、残高が増えず、とっても貧乏です、、)

 でも「日常の稼ぐ力」は、そういう投資を行うことで
 どんどん増えてくる、

 すなわち

 【 潜在資産価値 】

 は激増!?を遂げていることが実感できるので、
 目先の貯蓄額などに気を取られることはまったくなくなるのです。


■貯蓄至上主義、というものがあるとすると、その対極に
 ある考え方、パラダイムだとおもいますが、

 じつのところ、わたしが今まで経済的に成功している人を
 つぶさに観察してきたところ、

 このようなパラダイムで生きている人が非常に多いように
 感じています。

 貯蓄至上主義の人など見たことがありません。


■実行しようとすると、なかなか勇気のいる考え方だとおもいますが、

 脱産業資本主義社会、無形財産の時代、知識社会、
 高度情報化社会、

 なんでもいいですが、

 【 資本>知識 】

 から

 【 資本<知識 】

 に移行した社会では、こういう考え方こそ健全な考え方で
 あると個人的にはおもっています。


■おかげさまで、こういった考えに基づき、行動をつづけて
 きたことで、

 銀行口座の貯蓄は一向に増えませんが(涙)

 みなし総資産?は増加の一途を辿ることとなっています。
 ありがたいことです。


■その考えはわかった!!

 じゃあ、どこに投資したらいいんだ!?

 という向きには、


----------------------------------------------------------------------
         【 特別セミナー 】 『 勝ち残る経営に必要な思考 』
 ~ 3人の"ベストセラー経営者"がビジネス成功の極意を語る4時間半 ~

■日経BP社と進化論の鮒谷さんの夢のコラボで生まれた、日経ベンチャー
  主催、特別セミナーの開催がついに実現します!

■本田直之さん・石田淳さん・浜口隆則さんの3人がそろって登場する
  7月24日(木)午後の4時間半は、あなたのビジネスマインドを
  さらなる高い次元へと導いてくれることでしょう。

■上質の経営情報と学びの機会をタイムリーにお届けする会員サービス限定の
  【無料】特典です。満席になる前に今すぐお申込みください。

 ※受け付けは終了いたしました。
----------------------------------------------------------------------


 こちらのセミナーをお薦めしておきましょう。

 残席わずかです。

 「パラダイムシフト」を起こした人から申し込まれているようです。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一般に、資産というと、    「現預金、債権、株式、不動産、貴金属などなど」    をイメージする人が多い。   ■しかし、実際のところ、真に価値のある資産とは、    「自らが稼ぎを生み出す力」    ではないだろうか。   ■この資産は増えこそすれ、減ることはない。    投資すればするほど増えることが約束されている資産でも    ある。   ■そんなパラダイムで日常生活を送ってみてはどうか。    お薦めの投資先。始める人はもう始めています。    

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。