毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1744号 今の時代の最大最高の通貨とは


■個人の財務諸表に載らない財産だとおもっている
 いくつかのもの(概念)が私にはあります。


 そのうちの一つが


 【 自分に対して向けられた、他者からの関心 】


 です。


 じつは、

 いまのような情報過多の時代に、関心を向けてもらえる、
 というのは、それ自体が貴重な財産になりえます。


■あなたも毎日、多くの人に会うこととおもいます。

 しかし

 (人によってもまちまちだとはおもいますが)

 せっかく出会った人のうちの9割以上の方とは、その後、
 関係が疎遠になる、というのが一般的でしょう。


■あるいは、

 本を読んで、この著者の言っていることはおもしろいなあ、と
 おもっても数日すれば記憶の彼方に飛んでいってしまうもの
 だったりもします。

 著者からみても、せっかく関心をもってくれた人があったのに、
 そのまま、関係がなくなるのはとても残念なことです。


■出会いは一期一会といわれるけれども、
 その出会いを一期一会で終わらせない、

 継続的に自分に関心を向けてもらえるように、
 仕組み構築を行うことができたとするならば、どうでしょう。


 そうやって集めることができたあなたへの関心は、
 いずれ圧倒的な「あなたの個人資産」になっていくのです。


■あまり生々しい話はメールマガジン上には書かないように
 しているのですが、

 今日はちょっと興が乗っているので、書いちゃいます。


 わたしはこの「平成進化論」というメディアを所有し、
 継続して情報を発信しつづけることにより、


 【 今の時代の最大最高の通貨 】


 といってもよい、


 【 他者からの関心 】


 を集めることができました。


■このメールマガジンは、配信しはじめて、
 約5年になりますが、

 執筆し始めて、1年くらい経ったとき、
 ある企業から


 「このメールマガジンを8,000万円で売ってくれ」


 と打診されたことがあります。


 (たしか、当時のメールマガジンにも書いた記憶があります。

  ちなみに、いまはそのときの読者数から10倍くらいに
  なっているはずです)


■わずか1年で作ったビジネスが8,000万円で売れるなら、

 とおもうと、

 「売っちゃおうかなー」

 という誘惑が瞬間、心の中に芽生えた事実は認めますが(笑)


 結局のところ、1年間、読者さんとの対話の中で
 築き上げてきた関係性(読者さんからの関心)を、

 たったの8,000万円で手放すことなど、やっぱりわたしのなかでは
 あり得ない選択でしたのでお断りいたしました。


 (その後の推移をみてみても、
  ビジネス的にも当然のことながら、お断りして正解でした)


■自分にたいして関心をお持ち下さる方がある限り、


 ▼私の提供する商品の購買をしていただき

 ▼広告クライアントさんから案内される商品を購入いただき

 ▼有益な情報をもたらしていただき

 ▼優秀な人との出会いももたらされ、

 ▼お会いする予定の方との事前のプレゼンツールともなり


 さらにこれら以外の数々のメリットも含め、

 数え切れないほどの金銭的、非金銭的な特典を享受することが
 できるようになるのです。

 それをわずかな金額で手放すことなどできません。


■純粋に、経済合理性だけでみてみても、

 数日、数週間、数ヶ月、数年、そしてこれから先、
 メールマガジンを配信し続ける限り、何年でも


 【 今の時代の最大最高の通貨=他者からの関心 】


 を集め続けられる、というのは、途方もない潜在価値を
 内包しています。


 ※未来確定利益からの逆算で、あえて金額換算してみても、

  現在であれば、このメールマガジンは数億円もらっても
  当然のことながら手放せません。


■そのくらいの価値が

 「(公的な存在でもない、一個人としての)私に向けての関心」

 への対価として(直接・間接に)支払われている、

 ということを今日はお伝えしたかったわけです。


 そして、人々が日常的に情報過剰な状態になればなるほど

 (これからますます、その流れは加速します)

 「私に向けての関心の価値」

 は逓増していくこととなるでしょう。


■これはあくまで私の事例を通しての話でありますが、
 すべての人にとって同様のことがいえます。


 あなたもぜひ、

 「あなた自身がどのくらいの関心を周囲の人から集めているか」

 を経済価値に換算して、考えてみられてはいかがでしょうか。


■そして、

 「どうやったら、その経済価値を高めることができるか」

 を考えることも、一つのビジネス的な発想を押し拡げるに
 有効な質問ではないかとおもいます。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ▼情報過剰社会のなかの、最大最高の通貨となりうるのが    【 他者からの関心 】    である。   ▼これからますます、その流れは加速していくことだろう。    そのなかで、    「あなた自身がどのくらいの関心を他者から集めているか」    を経済価値に換算し、    「どうやったら、その経済価値を高めることができるか」    自らに問いかけることで、ビジネスの発想を押し拡げる    ことができるようになるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。