毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1706号 極限まで遊ぶ。仕事が遊びに、遊びが仕事になる世界。


■この何日間か、

 キャリア戦略(あるいは中小企業の未来戦略)

 についての話を続けてきました。今日もひきつづき。


■昨日までの話で紹介したとおり、

 わたしであれば、


 ▼何年もの間、毎日、メールマガジンを配信しつづける

 ▼何年もの間、年間、数百回を超える会食を続ける

 ▼何年もの間、年間、数百冊を超える読書を続ける


 ことを繰り返してきましたが、


 これらのことは内発的な動機に従って動いてきたものですから、
 まったく努力は不要でした。


■傍らから見たときは

 「努力している」

 「がんばっている」

 という風にみえることもあるのかもしれませんが、


 私自身としては、好きなことを徹底的に、極めるつもりで
 やっているわけで、

 そこに「努力している」という意識はまるでありません。


 あえていえば


 【 極限まで遊ぶ 】


 と表現すればいいのかもしれませんね。


■しかし、この事例はあくまで私(鮒谷)自身のものであり、
 こういったことを参考事例として挙げながらも、


 【 どんな人でも、同じように没頭できるジャンルを

                    持っているはず 】


 ということをお伝えしたいのです。


 あるいはもし、仮にいまそういうものが見つかっていないと
 しても、

 そういうアンテナを立てて、探しているうちに、
 やがてはきっと、一番自分にフィットする世界が見つかる
 はずなのです。


■では、どうやって見つけるの?

 というご質問も出てくることと思いますので、ここで、

 そんな能力や才能、興味のありかをさぐるための
 補助線のような本がありますので、お勧めして
 おきます。


 ご興味があれば、お読みになってみられるといいとおもいます。


 【 今日のお勧め本 あなたのパラシュートは何色?】



 【 今日のお勧め本 さあ、才能(じぶん)に目覚めよう
             ―あなたの5つの強みを見出し、活かす】



 【 今日のお勧め本 ロバート・アレンの実践億万長者入門
                 ― 生涯続く無限の富を得る方法】




■個人のキャリアを戦略的に重ねる上でも、
 会社経営されている方であれば、経営においても、

 自分が中心にいられる、そんな世界でこそ、
 戦っていくべきではないかとおもいます。


 (残念ながら、中途半端なポジションで
  戦って勝てるほどビジネスの世界は甘くありません...)


■好きで、楽しく、面白く、興奮して、前向きに、
 積極的に、果敢に、仕事に取り組んでいる人(あるいは企業)と、

 朝9時から夕方5時まで働いて、それでおしまい、
 という人(あるいは企業)とであれば、

 やっぱりこれでは勝負にならないでしょう。


■「好きこそものの上手なれ」とか
 「人生 得手に帆を上げて」とかいわれますが、


 【 今日のお勧め本 得手に帆あげて―本田宗一郎の人生哲学】



 好きで、得意、

 24時間365日、集中していられる分野を早く見つけ、
 そのフィールドで戦うのが、


 ▼ストレスなく(仕事自体が遊びになる)

 ▼競争にも勝てる(好きで、得意で、没頭しているのだから当然です)


 そんな世界への近道だとおもいます。


■ビジネスに携わる限りにおいては、
 仕事を抜きにしたライフスタイルはありえないわけで、


 仕事と遊びをどうやって一体化させるか、を真剣に考える
 ままが、

 一騎当千、あるいは頭角をあらわすための近道になるのでは
 ないかと思っています。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「極限まで遊ぶ」ことを見つけることができれば、あとは    努力の自覚なく、内発的な動機だけで勝てるフィールドで    戦うことができるようになる。   ■仕事と遊びを一体化することができれば、遊んでいるままが    仕事になり、仕事をしているままが遊びになる世界に出る。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。