毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1698号 経験と知識が伝達能力に肉付けをしてくれる


■どうすれば、

 すらすら読めて、しかも分かりやすい文章を
 書くことができるか、

 というお話を昨日からしています。


■私は、長いあいだメールマガジンを書いてきて、


 「伝達能力の差は、抽象を具体に引きずり落とす能力の差」


 だと思うようになりました。


■「平成進化論」で毎日、お届けしている
 ビジネスの成功法則は、

 その本質を開けば、ほとんどが抽象的な内容です。


 しかしそれゆえ、そのままでは、なかなか、
 腹にストンと落ちてこないもの。


■そこで、その抽象的な内容を、


 ときにタイムリーな話題を通して、

 ときにみなさんが関心をもてる面白い話として、

 ときに私の実体験に基づいた話として、

 ときに誰でもしっている物語にからめて、


 具体化して、お届けするように心がけているのです。


 そして、そうやって配信した文章は、よく理解してもらえる
 ように感じているのです。


■さらに、

 これがうまくできるかどうかは、
 絶対的な経験量、知識量に比例する気がしています。


 したがって、


 【 成功・失敗を考慮せず、

       ありとあらゆる経験をすれば、

     (そして、ありとあらゆる情報を入手すれば)

                  伝達能力は上がる 】


 のだと、私は思っているのです。


■私は、


 ビジネスと直接関係のないと思われる人とも、
 興味があるなあと直感が働いた方には会いに行ったり、


 自分の経験や見聞の幅を広げてくれる刺激的な場所には
 積極的に足を運んだり、


 自分の仕事に関係するジャンルの本でなくても、
 いろんな分野の書籍や雑誌にも触れたり、


 意識して、そんなことをしていますが、


 それは、


 【 そうした一つ一つの出会い、体験、経験、知識が、

             伝達能力に肉付けをしてくれるものだ 】


 と、体験的に分かっているからなのです。


■文章で何かを伝える力は、
 ビジネスをおこなう上で、とても大切な力。

 ありとあらゆる経験を、どん欲に求めていく。


 それが、いつのまにか、あなたの伝達力を
 引き上げてくれることになるのです。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■文章による伝達能力は、一種の特殊能力のように    思われているが、そうではない。    誰でも身につけることができるスキルだ。   ■ポイントは、話をとにかく具体的にすること。   ■そんな具体的な話をするのに必要なのは、    とにもかくにも、経験と知識。    (その知識も、経験から得た知識が最高)   ■経験や知識を求めることに貪欲になろう。    やがて、文章で伝える力が上がってくるはずだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。