毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1645号 セミナーへ行こう、会食をしよう、海外に出よう


■私(鮒谷)は、「勉強」について
 どう考えているのか、

 6つの質問を通してお答えしています。

 ずっと1番目の問いについての解答を述べてきましたが、
 次にいきます。


■2番目はこんな問いでした。


 <問い>

 どんな方法で勉強していますか?


 <以下、鮒谷の答え>


 これは、6つほど挙げられます。

 まず1つは、

 ランチ、ディナーでの年間500~600回程度の会食です。


 【 文字や伝聞情報ではない一次情報を、

     それぞれの専門家からリアルタイムで 】


 聞くことは、なによりの勉強となります。


■2つめ。

 書籍はビジネス書が中心ですが、特段、ジャンルを問わず、
 一日1~2冊は必ず読むようにしています。

 新聞・雑誌の定期購読も、十数誌ほど購読していて、

 もちろんすべてに目を通す時間はありませんが、
 そうやって常に情報に触れるようにすることで

 「自らを油断させない」

 ように心がけています。


■3つめ。

 興味のあるセミナー、

 あるいは自分の視野を広げてくれたり、
 より専門知識を深めてくれるセミナーに
 継続的に参加するようにしています。

 こちらも、特にジャンルは問いません。


■書籍・セミナーについては、最近は、

 今のビジネスを成長させるための学習、というよりは
 中長期的、

 すなわち、数年から5年、10年、ないし数十年先に
 役にたつであろう、

 とおもわれる学習を意識して時間をとるように
 しています。


 最近、特に意識しているのは、

 目先の仕事上のスキルというよりは

 歴史、古典をはじめとする「教養面」、あるいは海外情勢について、

 などです。


■4つめ。

 できるかぎり海外に行く

 (とくに最近は毎月1度は行くようにしています)

 ことにより、

 肌感覚で世界の動向を感じるようにつとめています。


■5つめ。

 セミナーCD等の音声を、持ち歩きできるプレイヤーに入れて、
 移動時間などに聞いています。

 「ながら」の学習ができるため、非常に効率化が図れるので。


■最後に6つめですが、

 こうして得た毎日の学びをメールマガジンという形で
 配信することにより、

 「学んだことを言語化する」

 ことで自らの中に暗黙知を形式知にかえ、

 さらに体系化することで
 再現性を持たせることができるノウハウの蓄積に
 つとめています。


■上記はあくまで私がおこなっていることのご紹介となりますが、

 これらのことが、あなたが毎日の学びを進めるうえでの
 ご参考になれば幸いです。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■鮒谷流・勉強法のご紹介    ▼ランチ、ディナーでの年間500~600回程度の会食。     文字や伝聞情報ではない一次情報をそれぞれの     専門家からリアルタイムで聞くことができるため、     なによりの勉強となる。    ▼書籍はビジネス書・教養を身につける為の本を中心に、     一日1~2冊は必ず読む。    ▼セミナー、講演会に継続的に参加する。    ▼できるだけ海外に足を運ぶ。     (とくに最近は毎月1度は行くようにしている)    ▼セミナーCD等の音声を、携帯用音楽プレイヤーに入れて     移動時間などに聞く。    ▼毎日の学びをメールマガジンという形で配信し     自らの中の暗黙知を形式知に変換する。     また、再現性のあるノウハウとして蓄積する。    ご参考にしていただければ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。