毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1640号 将来ラクをするために、今の学びに全力を注ぐ


■知識社会といわれる現代は、ひと昔まえと比べて
 大きく環境が変化しました。

 この社会では

 「常に学び続けなければならない」

 というのが、豊かに生きるためのルール。


■厳しく感じられるかもしれませんが、

 私たちは、この環境変化に適応して生きていかなければ
 ならないのです。


 (そしてこれは、かつてなかったような、大きなチャンスが
  与えられたということでもあります。

  チャンスの門戸が大きく開かれた、ということです)


■こんなことを昨日までにお話ししていたのですが、

 じつはここからが本題です。


 何日か前、ここに、あるリストを挙げたのを
 覚えておられるでしょうか。

 私が、あるインタビューで受けた、こんなリストでした。


  ▼1 何のために勉強していますか?

  ▼2 どんな方法で勉強していますか?

  ▼3 勉強の成果をあげるためにどんな工夫をしていますか?

  ▼4 経営者あるいは経営幹部として活躍し続けるために、
     今勉強されているテーマは何でしょうか?
     今後勉強すべきだと自覚されているテーマは何でしょうか?

  ▼5 若きビジネスマンに勉強に関し助言されたいことは?

  ▼6 勉強においてあなたが心がけていることは何ですか?


 これらの問いに対し、私はどう答えたのかを、
 今日から1つずつ書いていきたいと思います。


■それではまず、この問いからです。


 <問い> 何のために勉強していますか?


 <以下、鮒谷の答え>


 誤解を恐れずに言うと、


 【 将来にラクをするため 】


 です。


■私たちは環境変化に適応しなければならない、と
 昨日までに述べましたが、

 では現代の適応能力はどういったものかといえば、

 そのひとつとして、

 「経済的に豊かであるかどうか」

 に、少なからず影響を受ける面があります。


■否定したくなる向きもあるかもしれませんが、
 現実問題として衣食住にはじまって医療、介護にいたるまで、

 自身や家族、友人、知人を守るためには
 経済的な側面に対して無関心、無関係ではいられないという
 のが現実です。


■経済的な基盤をしっかりさせることができれば、

 時間的にも、肉体的(=健康維持・管理的)にも、
 精神的にもラクになり、

 結果、生活の質を高めることができます。


 もちろん、すべての問題が解決するわけではありませんが、

 ある部分においては、問題解決をはかるための
 有効な道具となりうる便利なツールと捉えてよいのかも
 しれません。


■「経済的に豊かになる」という目標を果たすための
 方法として、


 たとえば、


 ▼今の会社で出世する

 ▼より高いスキルを身につけ転職する

 ▼資格を取る

 ▼投資の力をつける

 ▼自分でビジネスを動かす力を所有する

 ▼人的ネットワークや知識、ノウハウといった無形の資産を築く


 などなど、

 といったことがあるわけですが、

 そういったことのほとんどは、
 「勉強すること」によって身につけることができます。


■そして、それらを勉強すればするほど、

 さまざまな人生におけるオプション(=選択肢)を
 持てるようになる。


 トランプでも、強いカードをたくさん持っている方が勝ちやすい。
 将棋でも、数多くの種類の手駒を持っている方が勝ちやすい。

 そんな強力なオプションを増やすのが「学習」といっても
 よいでしょう。


■だから、私も勉強を続けています。

 トランプのカードが増えるのは楽しいし、将棋の駒が増えるのも
 ワクワクするのです。

 いつ、どのタイミングでこのカード(駒)をつかおうか、と
 将来が楽しみになってくるのです。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■何のために勉強しているか、と問われれば、    私(鮒谷)の場合、あえて誤解を恐れずに言うなら    「将来にラクをするため」だ。   ■経済的な基盤をしっかりさせることができれば、    時間的にも、肉体的にも、精神的にもラクになり、    生活の質は高まっていく。   ■やがて、人生におけるさまざまなオプション(=選択肢)を    持てるようにもなる。   ■オプションを持つほど、カードゲームも将棋も勝率が    大きく高まるものである。    勉強こそ、どんな投資よりも堅実な投資。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。