毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1611号 人生を変える触媒に出会うには持てる資源をすべて差し出す


■みなさんは「ジョブカフェ」をご存じでしょうか。

 ジョブカフェとは、平成15年に国が定めた
 「若者自立・挑戦プラン」の中核としてつくられた、

 若者の能力向上と、就職促進をはかるためのサービスセンター。


 【 ジョブカフェ 】
 

■このジョブカフェの代表をつとめられているのが、

 以前、リクルートの営業部長をされていて、当時私が
 お世話になった、原正紀さん。


 【 今日のお勧め本 採用氷河期―若手人材をどう獲得するか 】



 その原さんから、

 「ジョブカフェ発行のメールマガジンに載せたいので、
  若者たちへのメッセージを」

 とお声をかけられ、取材いただきました。


■決してエラそうに語れるものではないのですが、
 私なりにお話しさせていただいたところ、

 実際に配信されたメールマガジンにて、非常にうまく
 まとめていただいておりました。


 せっかくですので、「平成・進化論。」読者さんにも
 ご紹介いたしますね。

 (以下の記事は、そのメルマガからの抜粋となります)


 ----------------------------------------------------------


■私はあまりできのよくないビジネスマンでしたが、
 人との出会いで進化することができました。

 特に若い世代は、人との出会いやきっかけで変わる
 ことができます。

 出会いから自分が夢中になれることを見つけ、
 それに打ち込んでいる人は多いですが、

 見つけることができずに、くすぶっている人も多いですね。
 もったいないことだと思います。


■変わるきっかけはいろいろあるでしょう。
 本や講演、セミナー、学校の先生や先輩との関わり・・・

 それらが触媒として人を変えるのです。


 私もそうでした。

 「自分はここにいるべきではない」

 「自分はもっとできる」

 などと思い悩んでいるより、
 人との出会いや縁を大切にして欲しいですね。


■私の場合、10人くらいの、目指すべきロールモデルとも
 いえる人がいます。

 そういう人のそばに居るだけで、学べることは多いものです。

 そういう人に近づくには、


 【 自分の持てる資源をすべて差し出すこと 】


 です。


■若いうちは資源が少ないものですが、

 例えば行動力、元気、明るい場作り、
 楽しませる努力、若者ならではの情報など、

 考えようによっては提供できるものは多い。

 そしてある人とつながりが深まると、その紹介などで
 一気に広がることもあるのです。


■人生経験が豊富な方々と会うと、自分と優れた方との
 ギャップがわかり、

 自身を進化させる上でとてもよい勉強になります。

 だから若い人は将来のイメージや、
 自分なりのロールモデルを持つように努力して欲しい
 と思います。


■でもそれを一人だけで実行するのは難しい。

 ジョブカフェなどでそのきっかけ作りなどを、
 支援してあげてもらいたいと思います。

 私もそういう存在でありたいと思っています。


■1日は24時間しかありませんし、人生は有限です。

 それを活かすのは
 自分を進化させる努力ではないでしょうか。

 一緒にがんばりましょう!


 ----------------------------------------------------------
 (抜粋ここまで)


■自分の口から出た言葉ですが、こうして記事になったものを
 読んでみると、

 「私も、進化するためにがんばらねば!」

 と思いを新たにさせられました。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人は(特に若い世代は)、人との出会いで進化する。    本や講演、セミナー、学校の先生や先輩との関わり等が    触媒となって人を変える。   ■「自分はここにいるべきではない」    「自分はもっとできる」    などと思い悩むより、人との出会いや縁を大切にすべき。   ■目指すべきロールモデルといえる人に近づくには、    自分の持てる資源をすべて差し出すこと。若いうちは    資源が少ないものだが、行動力、元気、場作りなど、    考えれば提供できるものはいくらでもある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。