毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1604号 学習環境への投資は有形資産への投資に勝るとも劣らない投資


■ホテルのラウンジは、喫茶店に比べて
 飲み物が高めです。

 コーヒー1杯が、喫茶店の相場よりも500円くらい高い。

 いいホテルになると、
 1500円のコーヒーなんてものがあったり。


■でもそれは、
 コーヒーを飲んでいるのではありません。

 環境に対する投資、です。


 【 有形の資産とはならなくとも、

             学習のための環境も、また投資 】


 なのです。


■学ぶため、あるいは「学び続けるため」に快い環境を、
 自らに用意してやることはとても重要。

 もちろん、コストをかけさえすればよいという
 ものではないですが。


■新幹線のグリーン席や、
 飛行機のビジネスクラスシートも値が張りますね。

 でも、

 「そこでなければいけない」

 という方も、
 読者さんのなかにはいらっしゃると思います。


 一般席より高くても、その料金以上の学びが
 できるのだとしたら、

 投資効率という点からみれば、決して高くは
 ないのかもしれません。


■逆にいうなら、

 安いからといって、自分にとって居心地の良くないと
 感じるところで、

 1時間、2時間とダラダラ(あるいはイライラ)過ごしてしまう
 ほうがはるかに高くつく、

 ということでしょう。


■本を読む、考え事をする、ミーティングをする、
 などのとき、

 そのような場所をえらぶことによって、
 より高いものを引き出せるのであれば、

 結果として、かえって安上がりになるものなのかも
 しれませんね。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ホテルのラウンジは、喫茶店に比べて高い。ところに    よっては1500円のコーヒーなんていうのもある。   ■だがそれはコーヒーを飲んでいるのではない。    環境に対する「投資」なのだ。   ■有形の資産になるものではないが、学習のための環境も    また投資対象となる。惜しんではならない。投資額に対して、    それ以上のリターンを得るよう心がければいいだけのこと。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。