毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1587号 知識社会では「労働時間」と「生産した価値」は比例しない


■給与、あるいは報酬というものは、
 決して「勤務時間の対価」ではありません。

 本来、


 【 生み出した付加価値に対する対価 】


 として受け取るべきものです。


■かつて、農業、あるいは工場における労働者に
 おいては、

 「労働時間」と「生産した価値」は、ほぼ比例していました。

 だからこそ、「時給」という概念が登場したのでしょう。


■しかし「知識社会」に入ったいまは、
 これがまったく比例しません。

 ぶらぶら遊んでいて、1日1時間しか働かなくても、

 しかるべき価値を生み出した人は
 相応の所得を得ますし、


 逆に、1日19時間、馬車馬のように働いたとしても、

 世の中に対して価値貢献できていなければ
 報酬は受け取れない。


■実際に、

 経営者、あるいは自営業者であれば、

 1日19時間、猛烈に働いても、
 年収100万円といった人もありえるわけです。

 しかし経営者は、文句をいうことはできません。
 すべて自分の責任。


■つまるところ、

 これからの社会で生きていこうとしたならば、
 経営者であれ、従業員であれ、


  【 どれだけの価値を生み出しているか、を

           常に自問自答していかなければならない 】


 ということになります。


 「厳しい時代」ではありますが、同時に可能性のある、
 「楽しい時代」でもある、

 ともいえるのではないでしょうか。


■たびたび紹介している、「ハイ・コンセプト」という本には、
 高い報酬を得るためのヒントが掲載されています。

 すなわち、


  ▼「よその国、特に途上国にできること」は避ける

  ▼「コンピュータやロボットにできること」は避ける

  ▼「反復性のあること」も避ける

                                 (「ハイ・コンセプト」 p.11)


 ここにあげた3つの反対を行く人が
 「価値を生み出せる人」であり、


 これからの時代に勝ち残る3種類の人、ともいえるようです。


 【 今日のお勧め本 ハイ・コンセプト
                        「新しいこと」を考え出す人の時代】

            ダニエル・ピンク (著), 大前 研一 (翻訳)  三笠書房



■これについては、

 もし機会があれば、また稿を改めて言及したいとおもいます。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■知識社会となった今、「労働時間」と「生産した価値」は    まったく比例しない。   ■1日1時間の労働でも価値を生み出す人は高い所得を    手にし、1日19時間働いても世の中に対して価値貢献    できなければ低所得になる。   ■これからの社会で生きていくには、経営者であれ従業員    であれ、自分はどれだけの価値を生み出しているかと    常に自問自答していかなければならない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。