毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1574号 なりたい自分像はハッキリ言語化できるまで明確にする


■どんなビジネスをしたいか、を鮮明にするには、

 どんな生活をしたいのか、なぜそうしたいのか、
 を先に明瞭にする必要があります。


■たとえば、

 「こんな生活がしたいから、これだけのお金が欲しい」

 というぐあいです。

 そうすれば、

 「ではどんなビジネスをしたら、
  それだけの収入を得ることができるのか?」

 とイメージできてきます。


■ゴールイメージが鮮明に描ければ描けるほど、

 そうなった状態と、いまの状態とのギャップが大きくなり、
 「切望感」「渇望感」がでてきます。

 切実な思いが湧いてきて、それが


 【 内から突き上げる衝動 】


 となってくると、そこではじめて、

 その衝動が自らの革新と行動を促してくれるように
 なるのです。


■ですから、もし、求めるイメージ、ゴール、
 なりたい自分、ありたい自分像がない方は、

 まず、それを明確化することが必要です。


■いくら時間をかけてでもいいのです。

 10分や1時間や、1日くらいで
 そんなものが明確になるはずもありませんから。


 さらにいうと、


 【 こうした意識をもっていなければ、

     1ヶ月たっても、3年たっても5年たっても、

     あるべき自分の姿は鮮明にはなりません 】


 意識を持って生活することで、徐々にその意識が
 具体的な言葉で表現できる形へと、

 【 結晶化 】

 していくこととなるのです。


■時間をかければかけるほど、
 あなたの中の絵はどんどん鮮明になってきます。


 その絵が鮮明であればあるほど、
 具体的な言葉にも落ちてくるはず。


 【 なりたい自分像が言語化できてくるほど、

     なりたい自分になれる道筋が早く立ってくる 】


 のです。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスを始めるにあたっては、なにはともあれ    自らのゴールイメージを鮮明にしなければならない。   ■ゴールした状態と、いま現在の状態とのギャップが    渇望感を生み、それが内から突き上げる衝動となって    自己革新と行動変化を起こしてくれる。   ■これには、いくら時間をかけてもいい。    なりたい自分像が言語化できるくらい明確にしよう。    そうすれば、なりたい自分への道筋がおのずと分かってくる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。