毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1538号 成功思考はノウハウとして身に付いて初めて血肉化する


■結果を出すための考え方、というものがあります。

 このメールマガジンでも、

 「こうすれば結果を出すことができますよ」

 という

 【 原理原則 】

 を、たびたびご紹介しています。


■それは、たとえば

 「与えれば与えられる」とか、

 「時間をお金で買うようにする」

 などがそうなのですが、


 こういった「結果を出すための考え方」は、

 「考え方」として頭で知っているだけでは意味がありません。


 大小さまざまな「ノウハウ」を合わせ持っていて
 初めて効果を発揮します。


■まず、

 「与えれば与えられる」

 という原理原則についてみてみましょう。


 これは、もうみんなが知っている言葉ではありますが、

 ひとことで「与える」といっても、いろいろあるのです。


■プレゼントの贈りかたは?

 サプライズの演出法は?


 目下のものから目上の者に与える場合はどうするか?

 その逆の場合はどうする?

 あるいは友人知人、取引先に対してのときはどうしたらいいか?


■また、

 上記は物を贈る(与える)という例ですが、

 それ以外にも情報、人のつながり、心遣い、ビジネスチャンス、

 などを様々なものを与えることもできます。


 そして、ひとことで与えるといっても、細分化された無数の
 ノウハウ

 (というと、あまり聞こえがよくないのですが、それでもやはり
  形式知としての、あるいは暗黙知的な、いわゆる方法論的なもの)

 は厳然として、存在するようです。


■また、

 「時間でお金を買うのではなく、お金で時間を買うのだ」

 という考え方。


 これも、ビジネスのレベルを上げようと思っている人ならば、
 すでに考え、取り組んでいることとおもいますが、

 これにしても、ノウハウはさまざま。


■たとえば、通勤時間を短縮するために引っ越す人もいます。

 たとえ、それで家賃が5万円上がったとしても、
 片道30分、1日に往復1時間が浮くとしたら...

 1ヵ月に20日、通勤したとすると、
 合計20時間を、5万円で回収できることになる。

 こういう発想ができるかどうか。


■移動はすべてタクシーを使う、という人がいるのも、


 タクシーで移動しながら、
 お客さんに電話をしつつ、

 もう1台の携帯でメールを見つつ、
 手帳で予定をチェックする、

 といったタスクの同時進行をしたいから。


 べつに贅沢するためにタクシーばかり乗るのではなく、
 さまざまな仕事を圧縮して行おうとおもったら、
 電車ではどうしてもムリだったりするからです。


■それ以外にも無数のノウハウが存在していて、
 みなさんも多かれ、少なかれ、きっと取り組まれている
 ことでしょう。

 かくいうわたしも、さまざまなノウハウを取り入れて
 いるつもりです。


■こうしたことを、いかに多く身につけているか。

 「身についているノウハウ」のぶんだけ、
 原理原則をマスターしていることになります。


 よりビジネスの結果を高めるために、


 【 原理原則はノウハウとして持つ 】


 ということを、これから意識していかれると
 いいのではないでしょうか。


■ノウハウを増やす方法については、また明日から
 お話ししていこうとおもいます。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■結果を出すための原理原則は、頭で知っているだけでは    意味がない。   ■大小さまざまなノウハウとして身につけておくことで    はじめて威力を発揮する。   ■身についたノウハウが増えれば、そのぶんだけ高い精度で    原理原則を理解していることになり、おのずと結果の精度も    高まってくる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。