毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1515号 他者との約束の入れ方にも自分のポリシーが明確に出るように


■自分との約束は、最優先で果たすようにしたい。

 ところが......

 気がつくと「自分との約束」を果たす時間が
 なくなっていたりします。

 なぜでしょう?


■これは、

 「予定が空いているから」

 といって、どんどん他者との約束で手帳を埋めていき、
 自分のことを後回しにしているから、

 というのが一因。


 それでは、いつになってもやりたいことができず、
 いつまでたっても時間に追われる人生となります。


■他者との付き合いを優先することで、

 やるべきことをやらず、学ぶべき事を学ばず、

 結果、自覚なきうちに

 経済的にも、社会的にも、どんどん自分の価値を逓減させていく
 ことになっているかもしれません。


■健康管理がおろそかになることもあるでしょう。

 自分との約束を優先せず、

 健康維持のための投資も行わず、健診も受けず、自身の健康チェックも
 できなければ、

 潜在的な病が進行し、かつその事実にも気づかずに過ごしてしまう
 かもしれません。


 それは、すなわち、

 自分との約束を守らなかったことで、
 結果として自分を殺していることになる、


 といっても言い過ぎではないかもしれません。


■だから、あるときから決めました。


 「わたしは自分との約束を守る」


 と。


 人とのアポイントメントについても、

 まず自分との約束を入れ、
 それを果たしてからお受けするようにしてきました。

 その、「自分以外との約束」の入れ方にも、

 自分のポリシーが明確に出るようにしていかなければ
 なりません。


■わたしの友人・知人のなかには、
 1年先、2年先まで予定が埋まっている人もいます。

 「日程がびっしり先々まで埋まっていないと気持ちが悪い」

 という人もあるので、

 そのへんは、価値観といいましょうか、
 その人その人の問題ですので

 「こうあるべき」

 とは一概に言えません。


■ただ、あくまで基本は、


 【 自分の人生は自分の意志でコントロールする 】


 という大原則にのっとり、そのうえで、


  自分とのアポをまず入れる

        ↓

  その次に他者との約束を埋めていく


 そんなやり方をしていったらいいのではないかと、
 いま現在、私は考えていますし、実践しています。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分との約束をいちばん大切にする。    ただし、他者との約束事ももちろん重要だ。   ■その他者との約束においても、自分独自のルール決めを    しておく。   ■どんな約束の場面でも自分のスタイルを貫くこと。    一見わがままなようにみえて、最終的には信用される。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。