毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1497号 「損して得取れ」と「得して損する」は似て非なるもの


■「損して得取れ」という言葉がありますが、

 これは本当に真実を言い当てていると思います。


■一時的には損をしたように見えても、あとで回り回って
 大きく得をさせてもらえる。

 そんなことが、ビジネスに限らず、日常生活の中でも
 よくありますが、

 これは仕事においても、
 人生においても、正しいあり方なのではないでしょうか。


■この「損して得取れ」の対極をなす考え方として、


 「得して損する」


 とでもいうべき考えもあります。

 言葉の順番を入れ替えただけではないか、
 と思われるかもしれませんが、

 この二者はまったく似て非なるもの。


■世の中で出会う人には、
 大きく分けて2種類あるように感じます。

 それがいま申し上げた、


 【 損して、得する人 】


 と、


 【 得して、損する人 】


 の2パターン。


■言葉の前後を入れ替えただけに見えますが、
 この二者が人生において受け取るものの総量は、

 10倍、100倍、あるいはそれ以上の差が生まれるのでは
 ないでしょうか。


■こう言うと、まだ事実を正確にあらわしていないかも
 しれませんね。


 「損して、得する人」は 100の利益があるとして

 「得して、損する人」は1の利益、


 というようなものではなく、両者には


 【 プラスとマイナスほどの差 】


 があるのです。

 すなわち、「じり貧路線」をいくか「成長路線」をえらぶかの
 違いとなるのです。


■多くの成功しているビジネスパーソンと接するなかで
 確信をもっていえることが、


 【 本人が気が付かないうちに一番損をするパターンは、

    タダで頼み事をして、タダで頼みを聞いてもらって

                               「得をした」と思う 】


 こと。


■じつは、この人は、「最も損をしている人」なのです。

 なぜなら...、

 つづきは明日、くわしく説明します。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■「損して得取れ」という言葉があるように、一時的には        損をしたように見えても、あとで回り回って大きく得を        させてもらえることがある。                   ■そのように心がけていくことこそ、ビジネスでも人生全般でも     正しいあり方ではないか。                    ■逆に「得して損する人」がいるが、これは「損して得する人」     がプラス成長を続けるのに対し、マイナス成長の街道を        本人も気づかぬうちに歩むこととなる。           

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。