毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1470号 人生で大切なことは全部、冬ニンジンが教えてくれた


■いくら春の季節が好きだといっても、一年中が春では、
 風情もなにもあったものではありません。

 厳しい冬の寒さがあってこそ春の訪れが待ち遠しく
 なるのであり、

 春が終われば酷暑がやってくるから、春を惜しむ気持ちが
 また起きてきます。


■人生もしかりで、

 沈んでしまうときや、深く落ち込んでしまうときがあるから、
 そこから浮かんだときに幸福を感じられるもの。

 いつも浮かびっぱなしの人生ほどつまらないものは
 ないのではないでしょうか。


■いま現在、季節にたとえるなら春だという人、
 夏という人、
 秋、冬の人と、それぞれいらっしゃるでしょうが、

 冬の時期の人こそ、最も喜ぶべきなのかもしれません。


■聞いた話ですが、厳冬を越えたニンジンは、通常のものより
 甘くておいしくなるそうです。

 栄養価も増すのだとか。

 これは、ニンジンが厳しい寒さから身を守ろうとして、
 より、地中から栄養分を吸収しようとするからで、

 特に糖度が高くなり、
 品種によっては糖度12~16度に達するといいます。

 これは果物なみの糖度。


■さらに、β(ベータ)カロチンや各種ミネラルの含有量が増え、

 また「うま味成分」といわれるアスパラギン酸などのアミノ酸、
 「香り成分」のカリオフィレンなども増加するそうです。

 (聞きかじった話なので、
  細かいところが間違っていたらすみません)


■いま現在が絶好調の人もいれば、冬の人もおられるでしょう。

 冬の寒さは、だれだってイヤなもの。

 しかし厳冬期は、たいせつな模索の期間であり、
 栄養をたくわえるための重要な時期ではないでしょうか。


■じつは私、「臥薪嘗胆」「捲土重来」という言葉が大好きです。

 やがてくる春の訪れを心待ちにして、忍従し、投げないことが
 大切だ、

 とこれらの言葉が教えてくれているのです。


 今日もビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■厳冬を越えたニンジンは、通常のものより甘みも栄養価も       増すという。                          ■人生においても、寒い冬のようなきびしい時期は、模索し、      自分を高めるための必要不可欠な時期。               きたるべき春に大成功するため、必要な栄養を蓄えている       のだから大いに喜びたい。                 

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。