毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1432号 継続学習力を養成するためにブログを活用する


■大久保 幸夫さんのこの本に、継続して学習するための力、

 すなわち「継続学習力」をつけるための5つの方法が
 紹介されています。


 【今日のお勧め本 仕事のための12の基礎力
           「キャリア」と「能力」の育て方】

                大久保 幸夫 (著)  日経BP社 (版) 


 その1つめを昨日までに一緒に確認してきました。

 今日は、2つめから5つめまでを一気に見ていきましょう。


■継続学習力を身につけるための2つめの方法は


  ▼身近な目標を定める


 ことだと言われています。

 「しばらくの間は学習の成果が実感できなくて挫折しやすいので、
  目標をこまめに設定したり、人に宣言して簡単にやめられない
  ような工夫をすること」

 と大久保さんはアドバイスされています。


■私の場合でしたら、このメールマガジンがまさにこれに
 あたります。

 「気が向いたときに発行」するのではなく「毎日発行」と
 自分自身に義務づけており、またみなさんにコミットメント
 していますので。

 みなさんでしたら、たとえば毎日ブログを書くようにすること
 などは、すぐ実行できてよいのではないでしょうか。

 2~3行でもいいから、とにかく毎日続けることを
 目標にされるとよいかもしれません。


■では、何を書いたらいいのか?

 ヒントになるのは3つめの方法です。


  ▼覚えたことはすぐ話す


 「覚えた知識もすぐに再生しないと忘れてしまいます。
  できる限り24時間以内にどんどん口に出しましょう」

 と勧められています。


■私は「平成・進化論。」を毎日配信していますので、
 昨日体験したこと、学んだことを、いやおうなく翌日に思い返す
 ことになっており、

 これが非常に、記憶の定着しやすい環境になっています。
 みなさんもぜひブログ等でやってみてください。

 カードなりメモ帳なりを持ち歩き、なんでもいいから
 メモするのがネタ探しのコツです。

 ケータイから自分あてにメールを送っておくという人もいます。


■4つめは


  ▼習慣化しているか確認する


 これはブログなら毎日更新しているかどうか一目瞭然ですね。

 なまけ防止のためにもブログはおすすめですが、

 「特に手帳に記録をとったりしなくても、自然に毎日
  勉強するようになっているかどうかを確認」

 することが大切とのことです。


■最後に、継続学習力をつけるための5つめのコツは、


  ▼活用成果を上げる


 こと。

 「勉強したことを仕事に活かして成果をどんどん上げること」が
 重要と言われていますので、

 学びのための学びにならないよう気をつけて、
 成果をあげるための継続学習といたしましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■継続学習力を身につけるコツは次のとおり。             ▼身近な目標を定める                        (目標をこまめに設定したり、人に宣言して簡単に           やめられないようにする)                   ▼覚えたことはすぐ話す                       (覚えた知識はすぐ再生しないと忘れるので              24時間以内に口に出す)                    ▼習慣化しているか確認する                     (自然に毎日勉強するようになっているかどうかを確認)      ▼活用成果を上げる                         (勉強したことを仕事に活かして成果をどんどん上げる)     このサイクルを絶え間なく回していくことで大きく成長できる。 

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。