毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1372号 チャレンジし続けようとする心を維持するための仕組み化を


■今現在うまくいってるとか、うまくいっていないかは実は
 それほど大きな問題ではなく、

 どんな環境であっても黙々と歩み続ける(=チャレンジし続ける)
 精神こそ重要です。

 目標に到達するまで歩みを止めさえしなければ、
 成功は文字通り「時間の問題」となるのですから。


■そこで、「チャレンジし続ける精神」を絶やさないように
 したらいいのですが、

 では、その精神はどうやって維持したらいいのでしょう?


■チャレンジしようと思っても、人間の心は非常に弱いもので、
 折れやすく、また冷めやすいもの。

 そこで必要になってくるのは、

 「チャレンジしよう」

 という意志力だけに頼るのではなく、


 【 チャレンジし続けようとする心を
      維持し続けてくれる環境を整えること 】


 となります。


■ここでいう環境を整える、というその「環境」には、
 以下のようなものがあります。


  ▼日々、チャレンジ精神の旺盛な人と会う

  ▼日々、変化を起こすことを求める書籍に触れる

  ▼日々、そういう講演会に参加する

  ▼日々、まったく異なる世界を見る(旅行、異なるジャンルの
   人と会う)ことで好奇心を高め続ける


■また、そのためには


  ▼日々、健康管理する(体調不良のままチャレンジ精神は
   持ちにくい)

  ▼日々、時間管理にいそしむ

  (一週間、体も心も休めるとチャレンジ精神はなくなってしまう。
   だから常にオンにし続ける)


 といったこともおろそかにはできません。

 いま挙げたようなことを日々繰り返さざるをえないような
 「仕組み」を作ってしまうことです。

 特に私のような怠け者においては、そのような仕組みがなければ
 どこへ飛んでいってしまうか分かりません。


■たとえば、なぜ私が会食を入れるのかということを例に
 しますと、

 わたし(鮒谷)は日程ぎりぎりまで昼と夜の食事の予定を
 入れる人間だということを「平成・進化論。」の中に書いて
 いますし、

 さらに、その実際の食事のようす(誰と、ばあいによっては何を
 話したかまで)も、可能な限りではありますが25万人の方に
 向けて発表しています。

 そうすることによって、日々会食せざるを得ないようにしよう、
 (というと語弊がありますが)、

 という私自身の動機付けになっているのです。


■日常の忙しさや気分の波に左右されずに決めたことを
 推進していける、

 そんな「仕組み」を作れないかどうか、考えてみられては
 いかがでしょうか。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■チャレンジし続けようと思っても、人間の心にはムラがある。   ■そこで、意志の力に頼るのではなく、    【 チャレンジし続けようとする心を           維持し続けてくれる環境を整えること 】    が必要。   ■日常の忙しさや気分の波に左右されずに前に進める    「仕組み」を作っておきたい。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。