毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1369号 利益はビジネスモデルの収集に投資し頭の中へ貯蓄する


 (今日のテーマについてですが、こういう話を書くと誤解を
  生ずるかもしれませんのであまり書きたくないのですが、、、

  昨日までのメルマガの流れ上、ネタの一つとしてご披露することに
  いたしました。事情、なにとぞご賢察ください)


■さて。

 この「平成・進化論。」の読者さんは、みなさん勉強熱心な方
 ばかりですが、

 なかにはとりわけ熱心な方がおられて、
 1時間10万円以上の金額を頂戴している私のコンサルティングに
 申し込まれるお客さまがいらっしゃいます。

 このコンサルは、もちろん本業で行っているわけではありません。


■ほとんど営業もしていませんし、するつもりもないので、
 むかしからの読者さんであってでも、
 よほどの「平成・進化論。」マニア(?)の方でもない限り、

 「そんなメニューがあったのか」

 と初めて知られた方が大半でしょう。


■これは収益を上げる目的で行っているわけではありません。

 誤解を生じる表現かもしれませんが、「10万円」というお金
 (正確には12万6000円ですが)

 が欲しいわけではないのです。

 このメルマガから直接派生するビジネスということでいうと、
 「ヘッダー広告」を一件受注するだけで、それ以上の金額が
 売上計上されますし、

 そもそも現状、月に数件の依頼を受けるのが時間的にも限界ですので
 お断りすることも多いですし、

 コンサル事業を一生懸命やる必要はどこにもありません。

 では、なのになぜこのような裏メニュー(?)を設けて
 いるのか。


■それは、先日からお話ししている

 「成功パターン」

 を、10万円以上の金額を出してもいいから知りたいという方に、
 私自身がお会いしたいから。

 (そういう投資をされる方は近い将来に、きっと大きく成功される
  ことがほぼ見えているのです)


■果たしてそのためにそんな大きな金額を出される人がいるのか、と
 思われる人もあるかもしれませんが、

 この数日でご説明してきた「利益のパターン」を知る必要性を、
 分かっている人は分かっていらっしゃるので、お申し込みされる方が
 やっぱりいらっしゃるわけです。

 そのような方々との出会いが楽しみだから、
 コンサルティングのメニューを用意しているし、

 それを喜んでご利用される方もいらっしゃる、

 という事実をお伝えしたいだけなのです。


■1時間 126,000円という金額は、
 高いと思われる方はやはり高いと思われるようですし、

 安いと思われる方にとっては、非常に安い買い物だと
 思ってくださるようです。

 もちろん、お申し込みくださるのは、「安い」と思っておられる
 方だけなのですが。

 そうやってご縁のあった方が事業を大きく拡大していかれるケースを、
 この数年でたくさん見てきました。


 ※けっしてわずか1時間のコンサルティングでそのように
  なられたわけではなく、「勉強をし続ける姿勢」をもたれている
  ご本人の資質によって成功されたことはいうまでもありません。


■さて、ここから今日の大事な話題になるのですが、

 そうやってコンサルを申し込まれた人は、私がこれまで
 いくばくかの学習や体験を通して知った

 「収益をあげるためのビジネスのパターン」

 のいくつかをお持ち帰りいただきます。


■これは、その方の頭の中にずっと残っていくことになります。

 それは、ビジネスを立ち上げる、あるいは推進させるうえでの
 なんらかの参考材料として、すぐ活用できるかたちとなって
 いるはずです。

 つまり


 【 金銭がそのような「無形の資産」へとかたちを変えた 】


 ということ。


■一見、高いと思われるかもしれない、このようなコンサルを
 受けようとされる方は、

 おそらく、極力利益を残さないように、すべて頭の中の資産に
 変えてしまおうと思っていらっしゃる方なのでしょう。

 成功パターンの蓄積のためならどれだけの金銭、もしくは
 時間、労力を注ぎ込んでも惜しくはありません。

 そしてこれが実に価値のある貯蓄となるのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■運用するあてのない金銭を無意味に手元に残しておく    くらいならその資金は脳内に入れてしまうのもひとつの手だ。   ■つまり、いまだ知らない成功のパターンを知っている人に    会い、そのパターンを分けてもらうためにお金を使う。   ■それはやがてビジネスを立ち上げる、もしくは推進する    うえで利用可能な資源となる。この脳内への貯蓄は    実に優れた貯蓄なのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。