毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1334号 ローリスク・ハイリターンが約束されている投資が自己投資


■故ピーター・ドラッカー氏は、

 「教育のある人とは、学び続けなければならないことを
  知っている人である」

 という趣旨のことを述べています。


■私も、その「教育のある人」を目指すべく、
 毎月の定例の勉強会のようなものに月に4~5回、出席
 しています。

 それ以外にも、単発のワンデーセミナー、半日のセミナー、
 2時間から3時間ほどのセミナーなど、

 時間の許す限り足を運ぶようにしています。


■なぜそこまでするのか、と聞かれることもあります。

 当然、時間もかかりますし、少なからぬ金銭も投下しなければ
 ならない。

 しかし、こうして常に自分自身に教育を施し続けることが
 何よりの投資だと思っているのです。


■実は、こんな割のいい投資は他にありません。

 なぜなら自分への投資は

 【 価値が劣化しないから 】

 です。


■株式、不動産や金融商品、貴金属などいろいろな
 投資先があり、もちろんそれぞれに特性があるわけですが

 どんな投資対象であっても、価値の減耗、毀損、下落のリスクも
 考えられます。


■そういうところへの投資ももちろん結構ですし、
 少なからず私も投資しているわけですが、

 まずは自分自身に

 「劣化しない、減耗、毀損、価値の下落がない投資」

 をすることが先決ではないかと考えているのです。


■通常の投資は、期待するリターンに対して相応のリスクが
 あるものです。


 ▼ハイリターンにはハイリスク

 ▼ミドルリターンならミドルリスク

 ▼ローリターンに対してはローリスク


 といったように。


■ところが自己投資に限っては

 【 ローリスク・ハイリターン 】

 なのです。

 かけたものは、いくばくかの時間と金銭だけであって、
 そのリターンたるや何倍、何10倍にもなって返ってくることが
 あります。


■私自身、これまでに膨大な時間やお金を自己に投資して
 きましたが、
 かけたものよりもはるかに多くのリターンを得ることが
 できています。

 同時に金融商品をはじめとするいろいろな投資も行っては
 きましたが、

 なによりも結果(と経済的な安心感、安定感)を
 もたらしてくれた投資が「自分への投資」だったのです。


■「平成・進化論。」の読者さんには、徹底的に、
 自分を痛めつけるくらいに教育することをオススメしたいと
 おもいます。

 知恵熱が出るくらいに、自分の中にいろいろなものを詰め込む。

 詰め込み切って、もう頭の中に入りきれないとなったところで
 さらにもう一発、叩き込む。

 そうすることによって、ある瞬間、一気にそのジャンルについて
 開花し、結果が出るときがきます。

 そんなことが教育という投資においては起きるのです。


■1ヵ月に1回学びました。半年に1回学びました。

 それで学んだ気になってしまったとしたらそれは大きな間違い
 かもしれません。


■近くに業界の第一人者がいるのならば話をきかせて
 いただくもよし、セミナーに飛びこむのもいいですし、

 それもかなわなければ、本や各種教材を買い込んで独学するのも
 いいでしょう。


■とにかく、学びの質と量を増やす。

 あるジャンルで人よりも突き抜けた投資をしたならば、
 きっとあなたはそのジャンルで成功するはずです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■常に自分自身に教育を施し続けることほど割のいい投資は    ない。   ■自己教育への投資で得た価値は劣化しない。価値の減耗、    毀損、下落も心配しなくていい。   ■ローリスク・ハイリターンが約束されている投資が自己投資。    ならば可能な限りの時間と金銭を投下しよう。いずれ驚くべき    リターンが返ってくるときがやってくる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。