毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1231号 豊かな利息生活をもたらすビジネスの元本とは


■最近のメルマガに、たまに書いているのですが、
 わたし(鮒谷)は金融の世界のほうに徐々に活動を広げています。

 私から「金融関連の会社の名刺」を渡された人も少なくないのでは。


■ちなみに自社を売りたい、あるいは他社を買いたい、という案件が
 ありましたらご連絡ください。動きます。

 某上場企業の投資子会社に、所属しています。ご安心ください。
 守秘義務はもちろん守ります。(当たり前ですが)

 【会社売却(購入)】のタイトルで、概要をお書きいただき、

 弊社アシスタントあて
 ⇒ assistant@2nd-stage.jp (※@は小文字@に変換して下さい)

 まで。


■以上、余談です。

 その中でふと感じることがあったのですが、
 ビジネスは金融の世界によく似ていると思うのです。


■金融の世界で資産を増やそうとするのであれば、
 まず元本があり、元本が大きければ大きいほど、
 利息の絶対額が大きくなります。

 ビジネスもこれと同じで、過去の財産が大きければ大きいほど、
 その利息でビジネスが回っていくことになります。


■ビジネスにおける過去の財産とは、

 それまでに得てきた知識、技術、ノウハウ、人のつながり、
 育成してきた人材、実際に築いてきたビジネス、

 などなど。

 これらの蓄積が、ビジネスにおける「元本」となり、
 大きくなればなるほど、商売に活用しやすく、
 より大きな結果を生み出すことができるでしょう。


■目先、いくら稼ぐかも大事ですが、まずは「貯金」を
 大事に大事に育て上げ、

 ※ここでいう「貯金」とは上述の

  【 知識、技術、ノウハウ、人のつながり、
     育成してきた人材、実際に築いてきたビジネス 】

  といったものです。

 それらの利子収入で食べさせていただいている、
 といった感覚を持つとよいのではないでしょうか。

 つまり、今得ることのできている収入は、
 過去の財産の蓄積に対する利息である、と。


■ベースになる元本を、地道にたとえば今年は昨年よりも
 10%上乗せし、また来年も10%上乗せをする、

 ということを着実に重ねていくと、
 無理せずに回していくことができるでしょう。

 これを続け、何年かは徹底的に貯蓄を増やす活動に費やすことで、
 その後が急激に楽になってくるのです。


■しかし、これとは逆のことをしようとすると大変。

 少しの貯金(知識、ネットワークその他)しかないにもかかわらず、
 大きなリターンを得ようとすると、

 どこかで無理をしているということも考えられます。


■瞬間的に入るものが大きいということは、
 裏を返せば、大きなものを失う可能性もあるのです。

 極端に言うと、100万円に100倍のレバレッジをかけて
 1億円の信用取引をするようなもの。

 これはもうギャンブルに近いですね。


■実はわたしも、「目先の収益」よりも「商売における元手」を
 増やすことを最重点項目と捉えて、事業に取り組んできました。

 これまでビジネスのいろんなお話をいただきましたが、、
 わたしに知識、人のつながりなどの資産がなければ、
 それらをキャッシュ化することはできなかったでしょう。

 逆に言うと、それらの貯蓄があったからこそ、
 わたしは今こうして、なんとかご飯を食べさせていただける
 ようになったのだとおもっています。


■お金に限らない、見えざる資産の貯蓄こそが将来の自分を
 楽にしてくれる、

 ということを改めて意識してもいいのかもしれませんね。


■プロスポーツの世界の例を考えてみると

 たとえばプロ野球選手の場合、
 年をとるごとにスタミナ、パワーが衰えていき、
 ピークを過ぎると年俸は下がっていく世界となります。

 一方、ビジネスの世界では、
 知識、経験、ノウハウ、人のつながりという元本は、
 年を重ねるごとに蓄積されていきます。

 それに伴い、収入も増えていきます。
 非常にありがたい世界に身を置いていると思いませんか?


■それらを前倒しで蓄積していけば、
 結果的にその果実を享受できる、

 それは最高にすばらしいことではないでしょうか、

 と、ご提案させていただく次第であります。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ビジネスは金融の世界に非常によく似ている。    過去の貯蓄を元本に、利息を増やしていけるからだ。   ■ビジネスにおける貯蓄とは、知識、経験、ノウハウ、    人のつながりといったもの。これらを大事に大事に蓄積し、    増やしていくことで、利息、すなわち、今の商売が順調に    回っていくのである。   ■プロスポーツの選手は、ピークを超えると年齢を重ねると    ともに、体力の衰えから収入は下がっていく傾向があるが、    商売を営むものにおいては、一般的には、    元本は右肩上がりで増えていくもの。    前倒しで貯蓄を増やし、あとあとのご褒美を楽しみにしたい    ものである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。