毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1225号 最初の小さな第一歩が未来に限りなく広がる大きな一歩となる


■ちょっと前の記事になってしまいますが、
 読み損ねていた雑誌をあらためて読み返してみると、
 非常に興味深いことが書かれていたので、ご紹介したいと思います。


 ▼日経Associe 2006年11月21日号

   成功格言14「内なる声に従ってまず行動せよ」

 マックス桐島さんの連載記事。
 マックス桐島さんを簡単にご紹介させていただきますと、

  映画制作会社Den Pictures社長。
  高校生の時に単身渡米し、UCLA映画学科、世界での放浪生活、
  俳優学校を経て、90年にハリウッドで映画プロデューサー業。
  「Night of the Warrior」など11作品を手がける。
  現在は宮崎県とハワイに拠点を構え、米国で次作を製作中。


 ある番組でアメリカで成功をおさめた歌手、女優に
 インタビューをしたときのことが綴られていました。


■そのインタビューの中で印象に残った言葉をご紹介すると、


 ▼行動を起こすことが目標達成への第一歩である。

 ▼とにかく始めることが行動の原動力であり、
  始めたことで既に目標の半分を達成したことになる。

 ▼今の成功は「今始めなければ後悔する」という「内なる声」に
  耳を傾けた結果導き出された、勇気ある決断の賜物である。

 ▼不安、孤独、恐怖。さまざまな感情が錯綜する中で、
  成功者たちは、まず行動に移すことで、
  勇気あるスタートを切った


 といったことが連ねられてありました。


■「千里の道も一歩から」

 という言葉があるように、全ての偉業、サクセスストーリーは
 まず一歩を踏み出すことから始まるのです。

 当たり前といえば当たり前ですが、とても重要なことだと
 おもいます。


■せっかくなので、皆さまも今、立ち上がってやってみてください。

 前に進むつもりで右足を出します。
 そして体重移動をします。

 すると

 左足を出さざるをえないではありませんか。(当たり前ですが)


■でも、体感されるはず。

 最初の一歩を踏み出すことで、二歩目を出さざるをえなくなることを。


■少なからぬ人は、両足を地面につけたまま、

 「右足から出したらいいのだろうか」
 「左足から出したらいいのだろうか」

 「こっちの方向に出したらいいのか」
 「あっちの方向のほうがいいのか」

 「つま先からついたらいいのか」
 「かかとからついたらいいのか」

 「いま、このタイミングで出していいのか」
 「あと半年したら出してみようか」

 そうこうしているうちに、無為に時間だけが過ぎていきます。


■歩き方が分からなくてもいい、歩き始めることが大切なのです。

 右足からでも左足からでも、
 着地がつま先でもかかとでもいいではありませんか。

 とにかく一歩出すことが大事なのです。

 最初は不恰好かもしれません。
 前のめりになるかもしれないし、つまづくかもしれないし、
 足がもつれたり、けいれんを起こすかもしれません。

 でも、歩みを進めていくうちに、なんとか形にはなるものです。
 歩き出さないと、その形すらできてこないのです。


■「平成・進化論。」初期の初期の頃の読者さんが
 いらっしゃったらご記憶のこととおもいます。

 思い返してみると、だいぶ前の話になるのですが、
 わたし(鮒谷)が前職、勤務していた某外資系企業が倒産し、
 「失業状態」となり東京に出てきたとき、

 これからの時代は情報発信だ!と思い、
 当時、一部の人の間でブームになっていた楽天日記で日記を
 書き始めました。


■今も人さまに誇れるほどの資源や実績はありませんが、
 当時は今に輪をかけて何もない状態でした。

 なけなしの金を握り締めて、東京に上京してきたのをほんの
 昨日のことのように覚えているのですが、
 本当に発信すべき情報などなにも持ち合わせていなかったのです。


■そんな状況ではありましたが、勇気を持って一歩踏み出しました。
 しかし、一歩踏み出したら二歩目も出さなければ
 ならなかったのです。

 というのは、毎日書く、ということだけは固い決意とともに
 決めていたからです。


■そうして1日書いたら2日目も書くこととなり、
 3日目も書かざるを得なくなってゆきました。

 毎日書くようになり、友人、知人、師匠、先輩、後輩に
 ぜひ読んでください!なんてお伝えしてしまってもいたので、

 いまさら途中で挫折して書かなくなるのは、
 わたしにとっては恥ずかしいことだと思ったのです。


■今は楽天日記からメールマガジンへとステージを移し、当時の履歴も
 (幸か不幸か)お見せすることはできなくなってしまいましたが、

 そんなよちよち歩きの小さな一歩一歩の足跡が、やがて
 現在の「平成・進化論。」へと進化し、

 楽天日記時代から数えると、のべ1500日くらい、ただひたすらと
 毎日毎日、小さな歩みを刻んできたわけです。

 そしてお読みくださる方も実に19万人を数えるようになりました。


■振り返ってみると、最初の原動力は、

 「今日から人生を作り変えるぞ!」

 という、(当時のわたしにとっての)大きな決意だったのでしょう。

 インターネット上に情報を配信するというのは
 とても勇気のいるものでした。

 当時はブログもなく、情報発信をネットで行うのはまだ現在ほどには
 一般的ではありませんでしたので。

 しかしそのときに一歩を踏み出したから、今の私があるのだと
 おもいます。


■このようなことを過去のメルマガでも何度もお話しましたが、
 それでも行動に移せない、という方がご相談にいらっしゃることも
 ありました。

 少し考えてみたのですが、明日は、最初の一歩が踏み出せない
 理由についてお話したいと思います。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■まず始めの一歩を勇気をもって踏み出すことで、二歩目以降の    行動が自動的についてくることを知る。   ■とにかく一歩出すことが大事で、歩みを進めていくうちに、    なんとか形にはなるもの。歩き出さないと、その形すら    できてこない。   ■行動を起こすことを恐れて遅疑逡巡のうちに失うのは人生に    おける有限の時間と、前倒ししていれば得られたであろう    なにものにも変えられない貴重な経験の数々。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。