毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1210号 成功を加速させる瞬間を手に入れる必要条件は「努力」である


■ビジネスパーソンとして成功するために、

 【正のフィードバック】

 を手に入れることで、一気に加速する瞬間が訪れる。

 あとは暴れ馬の手綱を握り締めるように、コントロールすることで
 真の成功へと導くことができる。

 昨日はそのようなお話をさせていただきました。


■では、その状態へたどりつくためにまず絶対に必要なこととは。

 それは、

 「何かのジャンルで徹底的に頑張る、力を尽くす」

 ということです。


■「なんだそれ。俺だって必死に頑張ってるよ!」
 「そんなことで成功したら苦労しないよ!」

 という声が聞こえてきそうですが...。

 やっぱり結果を出している数多くの方々とお会いし、お話を伺うと、
 これは紛れもない事実なのです。


■誰よりも頑張り、下積みの苦労、努力、種まきを重ねることで、
 ある段階から一気に流れ、波に乗れるのです。

 複雑系の世界では、ある状況がいったん起こると、
 ますます加速度的に発展していくと語られることがあります。


■努力の量を他者よりも

 ▼ほんの10増やすことで50のリターン(あるいはもっと)
 ▼30増やすことで100のリターン(あるいはもっと)
 ▼100増やすことで1000のリターン(あるいはもっと)

 を得ることが可能となることすらあります。

 いわゆる収穫逓増の原理が働き、ポジティブ・フィードバックが
 ここに発生するのです。


■他者よりも少し先んじることで、実際の能力よりも圧倒的な
 リターンを得られることが、世の中にはたくさんありますね。

 そしてそういう世界に住んでいる、ということをまず認識する
 のが重要なのだとも思うのです。


■ビジネスの世界で成功しようと思うのであれば、まずは死に物狂いに
 がむしゃらに働いて、一歩先んじることが目標にするのが
 必要ではないでしょうか。

 そうすると、最初の一歩を踏み出したが故の差が
 将来の10歩、20歩、100歩、200歩の差となって現れてくるのです。

 考えるほどに、恐ろしくもあり、有難くもある法則ですね。


■ちなみに、

 世の中には「天才」と呼ばれ、その功績を賞賛された偉人が
 数多くいますが、彼らが残した言葉にもはっきりと
 「努力」「勉強」「稽古」という言葉が刻まれています。

 ▼エジソン
   「天才とは、1%のひらめきと99%の努力である」

 ▼野口英世
   「努力だ、勉強だ、それが天才だ。
    だれよりも三倍、四倍、五倍勉強する者、それが天才だ。」

 ▼宮本武蔵
   「千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を練とす。」

 ▼稲盛和夫
   「今日の成果は、過去の努力の結果であり、
               未来はこれからの努力で決まる。」

 ▼長州力
   「成功した奴は、間違いなく努力している。」


■生まれつき才能を全開できるようなスーパービジネスパーソン
 でもない限り、一流の成果をあげるにはひたすらに
 努力!努力!さらに努力!なのです。

 努力が全てとは言いませんが、努力という土台がなければ
 どのようなテクニックも生かされないのではないでしょうか。


■「たいした努力してないけど成功を手に入れました」

 そんな人には、いまだお目にかかったことがありません。

 いたとしても、生まれた境遇がよかったのか、運が良かったのか、
 いずれにせよ、普通に生まれて普通に育ったわたしのような人間には
 目の前にポンと成功が転がっているということはまずありません。


■宝くじで1等3億円を当てるよりも低い、天文学的な数字の確率を
 まだかまだかと待つようなものです。

 それならば、努力を重ねる行為の方が、はるかに成功確率は高いと
 いうものです。


■わたしもそのような思いをもって、将来のしかるべき成果のために
 頑張って努力を重ねようと思う次第です。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成功へ向けた加速する瞬間を手に入れるには    何かのジャンルで徹底的に頑張る、力を尽くすこと。   ■収穫逓増の原理が働き、他者よりも少し先んじることで、    実際の能力よりも圧倒的なリターンを得られることが、    世の中にはたくさんある。   ■結果的に、努力を重ねるという行為が成功への近道となる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。