毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1197号 お金というかわいい子には旅をさせよ


■お金に執着しなくればなるほどお金に恵まれる事実について、
 今日はお話ししたいと思います。

 いつも書いていますが、お金は「ストック」しておいて
 それでよしとするものではなく、

 「フロー」で回していくものです。

 「金は天下の回りもの」というくらいですから、
 常に回っていてこそ価値が生まれるものなのでしょう。


■お金の役割は、モノを購入するためだけにあるのかというと
 そうではなく、

 ▼これまでにない体験をしたり
 ▼人とのつながりを得たり
 ▼感性を豊かにする
 ▼創造性を磨くなど

 このようなものに変えていくための手段として、
 たまたま「お金」があるだけの話です。


■こうした媒介手段が存在しないころ、人々は「物々交換」という
 手段を使っていました。

 しかし社会が複雑化し、物々交換が困難になると、
 モノの代わりにお金といわれる「価値を具体化した象徴」
 を使うようになったのです。


■お金を失うこと、減らすことは恐怖ではあります。

 しかし、どうしてそんな感情が起きてくるのかと
 考えてみますと、それはお金だけを見ているから。

 お金は、所詮、お金以上でもお金以下のものでもありません。


■新規ビジネスや商売など、何か新しいことを始めて
 仮にお金を失ったとしても、

 それは、そのお金が「学び」「チャレンジ」「経験」などと交換した
 というだけのこと。

 お金だけを見れば確かに失われているのですが、
 それは形を変えて手元に残っているのです。

 使い方が正しかったとしたならば、よりその価値を増して
 いることすらあります。


■より早く、さまざまな経験をするために、
 よりお金があったほうが有利なのは紛れもない事実。

 だからこそ、ビジネスに携わる私たちは、
 どんどんお金を稼ぐことが重要なのです。


■ただ、最初にも申しましたように、稼いだお金を
 貯め込むのではなく、それを社会に還元させる。

 そうすることによって、あなたは無形の財を得ることに
 なります。

 その無形の財をもとに、さらに新しい価値を生み出し、
 価値の対価としてキャッシュをいただき、
 またそのお金を社会に還元し......

 というような輪をどんどん回し、かつ大きくしていくことで
 価値も生み、また収入も増えていくものなのです。


■お金というものは、とてもかわいい子供。

 だからこそ思い切って旅をさせてやる必要があります。

 かわいい子との別れは誰だってつらいものです。
 そこを親であるあなたは内心、

 「また大きく育って戻ってきてくれよ」

 と断固とした決意で送り出す。

 親(あなた)まで一緒に泣いていたら、子供(お金)は安心して
 旅立てるものではありません。


■そんな思いで、お金と接することを心がけてみられては
 いかがでしょうか。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仮に事業のためにお金を投じ、充分な金銭的リターンを    得られずにお金を失ったとしても、そのかわりに学び・    経験という価値が手に入っていることを見逃してはならない。   ■お金はモノを買うためだけにあるのではなく、そうした    経験や知見など、より高い価値と交換するために存在して    いるもの。   ■ならばお金を手元にごっそり残しておくことほどもったいない    ことはない。むしろかわいい子に旅をさせるつもりで喜んで    送り出してやれば、子供の頼もしい成長を楽しみにできる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。