毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1192号 複雑化した社会においては、人間関係構築こそ重視すべし


■ビジネスパーソンたるもの、大事にしなければならない
 ものは多々ありますが、

 そのなかで、一番大切にすべきものは何か、ときかれたら、
 あなたならどのように返答されますか?

 私なら、「人間関係の構築、これをこそ重視すべし。」と
 言うでしょうか。


■何事かを成し遂げている人は、往々にして、
 人に対して気配り・心配りのできる人です。

 誰の協力も求めず、それでいて人並み外れて成功している
 ような孤高の天才も一部、おられるかもしれませんが、
 少なくとも私はそうではありません。

 何をするにも協力してもらえるように、
 わたしのほうからも常に、自分が何かお手伝いできる
 ことはないかと気を回しています。


■何も、そのために太鼓持ちになる必要はないですし、
 過度にへりくだることもいりません。
 もみ手を使う必要はさらになし。

 助けてもらうことを目的にした気配り・心配りは、
 逆にいやらしい感じがして敬遠されるものです。

 こちらとしては見返りを期待せずに、しかし気持ちのよい
 お付き合いをさせていただき、
 結果として助け合える関係になれたなら、それは幸せな
 ことではないでしょうか。


■ただ、結果そうなればいいとはいっても、常に、

 目上の方にも、
 自分と同じ目線で立てる人にも、
 自分より下の立場の人にも、

 それぞれ適切なコミュニケーションを図れるようになる必要が
 あるとは思っています。


■いずれにせよビジネスパーソンは、計数能力であるとか、
 法律の知識とか、業務についてのスキルを磨くのも
 大事ではあるのですが、

 複雑化した社会においては、人に好かれて
 できるだけ多くの人と一緒に協業できるという力こそが、
 まず身に着けなければならない基礎的な素養というべきでしょう。


■それをおろそかにして、他の知識の習得に邁進したとしても
 本末転倒で、それでは成長スピードが遅くなります。

 「人と人との関係」という基盤の上に、それ以外の
 スキルが乗っかっている、
 そんなイメージを頭の中に描くことができればいいかと思います。

 これができれば、ビジネスパーソンとしての初級レベルを卒業した、
 といえるのではないかと考えています。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■計数能力、法律の知識、業務についてのスキルなどを磨くのも    大事ではあるが、複雑化した社会においては、人に好かれ、    できるだけ多くの人と一緒に協業できるというスキルこそ    最低限の基礎的な素養。   ■それをおろそかにして、他の知識の習得に邁進したとしても    本末転倒で、それでは成長スピードが遅くなるだけだ。   ■「人と人との関係」という基盤の上に、それ以外のスキルが    乗っている感じをイメージしよう。その図が出来上がって    くれば、ビジネスパーソンとしての初級レベルを卒業したと    いえるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。