毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1181号 より学べる環境を手に入れることで知識は加速度的に増える


■人生をすばやく変える良い方法は、
 「毎日、未体験ゾーンに入っていくこと」。

 昨日はそのためのヒントとして、

 「未体験ゾーンに入っていくためには、
  その分野の語彙が豊富になればなるほどラクになる」

 という話をしました。

 未体験ゾーンは、語彙によって開かれるのです。


■これは、金持ち父さんの言葉を借りると、

 「お金を作るのにお金は必要ない。必要なのは言葉だ。
  金持ちと貧乏人の違いは、その人の持っている語彙にある。

  今より金持ちになるために必要なのは、お金に関する
  語彙を増やすことだけ」

 ということになります。


■「知識は力」であり、その知識とは多くの場合が「語彙」と密接な
 関係があります。

 ならば、入っていきたい世界があったら、その世界の語彙を
 増やしていけばいいのです。

 語彙が増えれば増えるほど、

 そして語彙を増やすスピードを速くすればするほど、

 入っていきたい未体験ゾーンへ、よりスピーディーに
 自分自身を移行させていくことができます。


■さて、そこで私は「金融方面」という未体験ゾーンへ、
 よりスピーディーに入っていくために、

 実は、こっそりと「転職活動」(笑)をしていました。

 (先日もちょっとだけ書きましたが)


■最初は、大手有名どころのベンチャーキャピタルなんかに雇って
 もらいたいなぁ、とおもって、
 いろんな個人的なつてを頼ったりしながらお願いしに行って
 いたのですが、

 さすがに、いわゆる保守本流(?)のベンチャーキャピタルさん
 などからは、

 「経験のない人を中途で採用する枠などどこにもありません」

 と、けんもほろろ、にべもないお答え。(当たり前)


■もちろん最初から無茶なお願いであることは重々承知の上なので、
 断られたからといって落ち込むわけではないのですが、

 そんなことばかりずっと繰り返していると、さすがにちょっと、
 気持ちがくじけそうになります。

 でも、無謀だからといってあきらめてしまっては、
 せっかくの【学びの機会】を失ってしまう。

 なんとか、金融畑への就職(転職?)はできないものか?


■そう考えていたとき、ふと、先日の日曜日の夜遅く、

 「そういえば!」

 とひらめきました。

 私の友人が役員を務めるある上場企業に、投資子会社がある。
 彼が、そこの社長を兼任しているのだった。


■そこで、その彼にお願いすれば、もしかしたら。

 期待を膨らませ、携帯電話を手に持ちました。

 しかし、今はあいにくの日曜日。しかも夜遅く。
 これはちょっと、明日にしなければいけないだろうか。。

 一瞬、携帯を机に置きかけました。

 「いや、こういうことは前倒しだ」

 私は奮い立ち、迷惑を承知で電話をかけたのです。


■こういうことも前倒しで、思い立ったその場で電話しておかないと
 いけないのです。経験的に。

 でないと、ズルズルと後回しになってしまって、
 そうすると、またぞろ、他の雑務に紛れてしまい、そういえば
 電話してないや、みたいな残念な結果になりがちです。

 そして、えてしてそうした電話は二度とかけられることが
 ないのです。


■そこで、すぐに電話したところ、先方は驚いてはいましたが
 快く話をすることができました。

 早速、翌日の月曜日のランチの時間に無理やり時間をいただき、
 そこで就職面接と相成ったのです。

 その後、とんとん拍子に話が進み、晴れて久しぶりの「内定」(笑)
 をいただきました。


■先日も触れたことでしたが、実はそういう経緯で、
 ある上場企業の投資子会社への就職が決まったのです。

 いまはその会社のバイスプレジデントとして(も)活動しています。

 ※会社のM&A仲介(売ります、買います)、その他投資案件など
  あればご連絡ください。


■既に早速、自身のネットワークを介して、4件ほどの案件が
 あがってきています。

 また改めて詳しくこの仕事についてもご案内させて頂こうと思って
 おりますが、そうやって、自らを「学びの現場」に常に置くように
 しているのです。

 机上で勉強していても限界がありますからね。


■「知識は力」。ならば、よりよく学ぶ環境を身につけたい。

 そして、学ぶならば外から見ているよりも、実際に中に入って
 動いたほうが、知識や知恵、経験を重ねることができます。

 そこで私は、投資会社に入社させていただいたのでした。

 これでまた新しい世界が見えてくることを大いに期待しているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■知識は力である。その知識を、いかに効率よく吸収するかが    人生の質と速度を決める。   ■ならば、まずひとつは「知識は前倒しで得る」ように    心がけること。    もうひとつは、「より学べる環境を手に入れること」だ。   ■この2つを意識することで人生はみるみるうちに変わって    いくだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。