毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1180号 知識は力、語彙も力。未体験ゾーンは語彙によって開かれる


■先日から、「知識は力だ」という話を続けています。

 今日もそれと関連した話になりますが、
 じつは私、最近かなり、金融分野の学習に時間を振り向けております。


■ここのところお会いしている人も、株式公開の経験者の方、
 (いま、一緒に旅をしている嶋津さんもそうですね)

 プライベートバンク、証券会社、銀行、投資銀行、監査法人、
 ベンチャーキャピタル関連、金融に強い弁護士、会計士、税理士、
 といった金融回りのみなさんとお付き合いをすることが
 多くなっています。

 そんなこんなとしているうちに、最初は乏しかったその方面の
 知識も身に付いてきまして、

 気がつけば、少なくない数の未公開企業にも出資し、取締役や
 顧問としての活動も行っております。


■こういうことは、あまりメールマガジンで書いても
 どうかと思いまして、今まであんまり書かないようにしてきました。

 ある意味、特定の少数の人にしか興味のわかない、参考にならない
 情報になってしまいますし。

 ですからあえて、このへんのことは(書きたい面白いことは
 実はたくさんあるのですが)書かないようにしているのです。


■でも、実際は私の中では、脳ミソに占めるかなりの割合は
 「金融系の情報」になってきています。

 読む本、会う人、いまは相当の割合で金融系。


■さて、そうやって知識がついてくると、お会いしている人の
 話もだんだん分かるようになってきます。

 最初は、ついていくだけでかなりシンドかったのですが、
 ようやく、対等とはいかないまでも、会話が成立するように
 なってきたのです。


■実際にこうした関連の案件も目の前にすることも増え、
 徐々に金融の世界になじんできています。

 これは、金融に関わる「語彙」が私の中で増えてきた結果
 でしょう。


■みなさんの中でも読まれた方が多いかと思いますが、
 「金持ち父さん貧乏父さん」シリーズにも、たびたび
 【語彙】という言葉がキーワードとして出てきます。

 たとえば「金持ち父さんの投資ガイド入門編」では、
 100ページに次のように書いてあります。


 「お金を作るのにお金は必要ない。必要なのは言葉だ。
  金持ちと貧乏人の違いは、その人の持っている語彙にある。

  今より金持ちになるために必要なのは、お金に関する
  語彙を増やすことだけだ。

  それに、とてもありがたいことに、言葉はたいてい
  ただで手に入る」


 【 今日のお勧め本 金持ち父さんの投資ガイド入門編
             ― 投資力をつける16のレッスン】



■ロバート・キヨサキ氏は、「私には2人の父がいた」と語って
 います。

 そのうち、一方の「金持ち父さん」は、ビジネスマンと投資家の
 語彙を持っているけれども、

 ロバート・キヨサキ氏の実の父(貧乏父さん)は、
 学校の教師の語彙を持っていた。

 2人の決定的な違いは、この違いだったと述べています。

 (「金持ち父さん貧乏父さん」についての詳細は、ぜひ本を
  読んでみてください)


■知識とは、別の言葉でいえば「語彙の豊富さ」です。

 語彙が増えるほど、その世界の輪郭をつかむことができるように
 なります。

 先日来、お伝えしているとおり「知識は力」。
 ならば、「語彙は力」ということもできるのかもしれません。


■さて、私はその語彙をもっと効率的に学びたいと思い、
 最近、ある行動を起こしたのですが、

 それについては、また明日書かせていただきます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■未体験ゾーンに入っていくためには、その分野の語彙が    豊富になればなるほどラクになる。   ■金持ち父さんの言葉を借りると、    「お金を作るのにお金は必要ない。必要なのは言葉だ。     金持ちと貧乏人の違いは、その人の持っている語彙にある。     今より金持ちになるために必要なのは、お金に関する     語彙を増やすことだけだ」。   ■知識は力。その知識とは多くの場合が「語彙」である。    入っていきたい世界の語彙を増やそう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。