毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1179号 未体験ゾーンへの進入は前倒しで。知識をベクトル変換する方法


■先日、私の後輩に騒音問題に苦しんでいる人がいて、
 「法テラスに電話してみようよ」という話になった、という
 ことを書きましたが、

 そういえば、その後の結果を報告するのを忘れていました。


■彼によれば、法テラスにざっくりと被害の状況を訴えたところ、

 「第二東京弁護士会の環境・公害110番というところがあり、
  無料相談を受け付けているので、そこに電話してみてください」

 との回答を得たそうです。

 私は、

 「ああ、よかったね。これで一歩前進だね。で、電話したの?」

 とたずねました。

 すると彼は、まだしていない、というのです。

 「なんじゃそりゃあーー!」


■いろいろ立てこんでいて電話できなかったのだというのですが、
 電話1本にかかる時間なんて3分か5分くらいのものでしょう。

 こういう言い訳は、いくらでもつけられるものです。

 積極的に、ただちに行動する。

 それを習慣として身に付けておかなければ、
 人生は「昨日の延長線上のこと」しか起きてきません。


■そこで自ら、「ことおこし主義」を標榜すること。

 常に、新規のことをやる。

 新しい渦を作る。

 新しい流れを作り出す。

 そうすることによって、毎日毎日、自分自身を未体験ゾーンに
 繰り返し突入させるのです。


■それができなければ、知らず知らず、大きな流れに身をゆだねて
 流されていく人生になってしまいます。

 「昨日も同じ。今日も同じ。明日も同じ」

 そんな恐ろしい現象は、その延長線上に横たわっている
 人生のワナなのです。


■彼には、その未体験ゾーンに突入するための願ってもない
 チャンスが訪れたわけです。

 にもかかわらず、その未体験ゾーンへの進入を後回しにし、
 「昨日までの繰り返し」のことを優先してしまったのは
 非常にもったいないと思います。


■知識は力です。知識がなければ、未体験ゾーンに入っていく
 ことはできません。

 せっかくその知識が入ったのですから、私などは、即動くべき
 だと思うのです。


■くどいようですが、新しい行動を起こさなければ、
 昨日と同じ毎日の繰り返しになるだけです。

 「知識は力」と分かったら、動くこと!

 実際にその力を行使するのは、動くことによってなのですから。


■確認しておきたいのですが、知識は、あくまでも行動の方向を
 示すだけのものです。

 それを、力を伴ったベクトルとして実際に駆動させるためには、
 その知識に従って行動しなければなりません。

 そして更に、その行動を「前倒しで行う」ことが肝要なのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「知識は力」と分かったら、次は「動くこと」が重要。    知識は、あくまでも行動の方向を示すだけのものであり、    力を力たらしめるのは実際の行動なのだ。   ■そして、その行動を「前倒しで行う」ことが肝要。    常に、自分自身を未体験ゾーンに繰り返し没入させなければ、    「昨日と同じ繰り返し」の人生になってしまう。   ■自ら、「ことおこし主義」を標榜しよう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。