毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1155号 誰でも使える最強の魔法は「目的を公言する」こと


■大それた目標に思えること、しかもまったく身の丈に合って
 いないと思えることでも公言してしまいましょう。

 むしろ身の丈に合っていないことだからこそ、
 声を大にして公言する必要があるのです。


■もちろんそれは恥ずかしいことです。

 周囲から見て、現状持っている資源が、それぞれの時点で
 あきらかに不足していることもあるでしょう。

 昨日私が申し上げた例でいえば、

 「大学で教えたい」などと公言しても、
 「あなた失業者でしょ?」と言われたら、そのとおりなのですし、

 「本を書きたい」と宣言しても、
 「本を書くほどの結果を出したのですか?」と突っこまれても
 仕方のないことです。


■「○○さんにお会いしたい」と言って回っても、

 「あなたに会ったところで○○さんには何のメリットも
  ないのだから、会ってくれるはずがないでしょう」

 と切って捨てられるかもしれません。

 まったくおっしゃるとおり。御説ごもっとも。


■どう見ても「高望み」なことを公言しているのですから、
 恥ずかしいに決まっています。

 言えばそれは大変なプレッシャーになります。

 だから99%の人が自分の夢や志や思い、目的・目標といった
 ものを公言しない。


■「恥ずかしいから」という恐れを抱いて、
 シンプルだけれどとっても強力な魔法がせっかくあるのに、
 使わずに封印しておくのは非常にもったいないことです。

 それはちょうど、(といっても分かる人にしか分からないのですが)
 せっかく魔法使いが「イオナズン」を覚えたのにその呪文を使わない
 ようなものです。

 (私はドラクエは3までしかやったことがないもので。。
  今ではギガスラッシュとかマダンテとかが最強らしいですね!?)


■ちょっとここからは専門的?な話になりますが、
 普通このような呪文を唱えようと思ったら多大なMPを
 消費します。

 ところが「公言する」という魔法はMPも必要としなければ、
 覚えるために高いレベルを要するということもありません。

 使おうと思った瞬間から、レベル1の状態から使うことが
 できます。

 ちょっとした厚顔無恥の精神さえあれば誰でも使える
 最強の魔法が「目的を公言する」という魔法なのです。


■「言ったほうが絶対にトク」

 これは今までにもいろんな方が言われていることですし、
 私も自分でやってきて確信していることです。

 「できるはずがない」と言われても、
 「おっしゃるとおり」「すみません」としか言えないことで
 あっても、言えばかなうということはもう分かっているのです。


■「できるはずがない」というのはあくまでも先方の思いで
 あって、こちらは実際に、5回、10回どころではなく何十回と
 ムチャな宣言を実現している。

 だから言うのです。

 言うのはタダです。当座の恥をかく覚悟さえあれば。

 さらに明日に続きます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■高望みなことを公言すれば、恥ずかしいし、自分自身に    対して大変なプレッシャーになる。だから99%の人が自分の    夢や目標を公言しない。   ■だがちょっとした厚顔無恥の精神さえあれば誰でも使える    最強の魔法が「目的を公言する」という魔法。    そんな魔法を使わない手はないだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。