毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1137号 学習だけでなく、経験値の獲得も前倒しにする


■拙著「仕事は、かけ算。」に書いたことで、
 またこのメルマガでもときおり触れていることですが、

 「すべての学習は前倒しで」やっていく必要があります。

 いつも書いていることですが、本当に重要なことだと最近、
 ますます痛感しているのです。


 【 今日のお勧め本 仕事は、かけ算。】



 これは、「やったほうがいい」というものではなく、
 やらないと大変な損失になることがはっきりしています。


■「もしあのとき、知っておくべきことを知っていれば
  人生は大きく変わっていた」

 あなたも、振り返ってみればそんなことが多々あったのでは
 ないでしょうか。(わたしは、あります)

 チャンスが目の前にやってきているのに、そのチャンスを
 自分のものにするだけの準備ができていない。

 それではチャンスをつかむことはできません。
 あとで気付くのが本当に悔しいのです。


■チャンスは目の前にある。しかし、そのチャンスを
 利用するための知識がない。

 そうなると、「チャンスが来ない」のではなく、

 「チャンスがチャンスと認識できない」

 あるいは

 「チャンスが来ているのに、そのチャンスを掴めない」

 状態となります。


■「すべての学習は前倒しで」と、いつも申し上げているのは
 補足しますと、そういう(もったいない、残念な)状態に陥ること
 を未然に防止しましょう、

 ということことなのです。


■それとあわせまして、
 「仕事は、かけ算。」の中では学びに限定して書きましたが、

 もっというと、これは学びに限ったことではありません。

 「経験の獲得」も前倒しにしていくことが重要です。


■知識だけがあっても実行できない、ということが
 よくあります。

 これは一度も実行したことがないため、実行するだけの
 知恵が備わっていないのが原因です。

 いちど実行して成功する、あるいは失敗して痛い目にあうと、
 次からはどうすればいいかが理屈ではなく理解できます。


■学習は「知識」に変わり、体験は「知恵」に変わります。

 その「知識」と「知恵」を兼ね備えることで、
 いつチャンスがやってきても自分のものにする準備ができた
 といえるのです。


■学習と経験を前倒しで行うことで、知識と知恵の両方が身につく。
 その状態で新しいチャンスを迎えられるようにする。

 そうすることによって初めてチャンスをつかみとることができ、
 結果を出すことができます。


■チャンスがやってきてもチャンスと分からない、
 チャンスと気が付いているのに、つかむことができない。

 そんなときに後悔したくないから、私はすべての学習と経験を
 前倒しでやっていきたいと思っているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■知っていることであっても、経験を積んでいないと    実行できない、ということはよくある。   ■つまりチャンスが目の前にやってきても、経験をしていない    ためにつかむことができずに流れ去っていってしまうことが    往々にして起こる。   ■それを防ぐには、学習だけでなく経験も前倒しで重ねていく    しかない。今の努力が未来のラクにつながっていくのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。