毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1124号 学びも経験も「前倒し」がキーワード


■いつもお話ししているように、物事は先送りするのではなく

 「前倒しで、思い切ってやってみる」

 ことが重要です。


■学びを前倒しで行うのは重要ですが、あわせて経験も前倒しで
 重ねていきたいもの。

 なにか新しいことを始める際に、ぎりぎりまで検討してみて、
 たとえそれが、成功するか失敗するかフィフティ・フィフティで
 あってもいいのです。

 もしもうまくいかなかったとしても、それは学びになります。


■しかし「そのうちやろう」では、結局やらないまま1年も2年も
 過ぎてしまい、結局、その間、

 「学びの逸失利益」

 とでもいうべき見えざる損失を蒙ってしまいます。


■たとえ失敗したとしても自ら動くと「経験」という見えない財産が
 手に入ります。

 (そういう意味で、学ぶ姿勢さえあれば失敗は存在しないのです)

 そうしたら、次はその経験をもとに再度立ち上がって
 いけばいいのです。

 そう考えてみますと、私たちは失敗したときに、
 落ち込んだり、沈んでしまったりする必要は全くない
 ということになります。


■「経験と知恵」こそ最良の投資先、ということです。

 失敗したときにも、落ち込む必要は全くありません。

 2度目、3度目の挑戦ともなれば、成功の確度も高まり
 再起の手順も確実に速くなっています。


■じつのところ私の勤務していた会社が倒産してから今までの
 プロセスで得られたもののなかで最も大きいものは、

 ゼロになっても即時に立ち上がることができるだけの
 「経験」であり、

 「ノウハウ」「知恵」「考える力」
 「助けてくれる(であろう)師匠、友人、知人、後輩」

 なのです。


■だから学びに還元されているのであれば、
 極論をいえばゼロになってもすぐに再起が可能となるわけです。

 人との出会いと経験に投資したいと常に考えています。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■2度目、3度目の挑戦ともなれば、成功の確度も高まり    再起の手順も速くなる。だから失敗は損失ではない。   ■知恵と経験こそは最高の投資先だ。それらは、ほかの    有形資産がすべて吹き飛んだあとも残り、しかも誰も    取り立てに来ない。   ■学びと経験には惜しまず投資しよう。利益のすべてを投下    してもあとで十二分に回収できるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。