毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1030号 相手の脳裏に焼き付けるための夏休みマーケティング


■せっかくなので、今度、企画しているセミナーの「ちょい見せ」
 を続けてみます。


■現在、引き続き、1ヵ月間の夏休みをいただいています。

 昨日まで、「1ヵ月の休みをとることの効果・効能」について
 ご説明いたしました。


■さまざまに申し上げてきたことにはそれぞれに理由があり、
 間違いなくそのとおりなのですが、

 実は、ここまでの内容は一般論であり、美しい表現をとると
 今までに述べてきたような話となるわけですが、

 これが「私のビジネス的には」どういう意味があるのか
 といいますと...。


■種明かしすると、

 「1ヵ月休む」という行為は、私のビジネスにおける
 マーケティング的要素が、じつはとても強いのです。

 といいますのは、経営者で1ヵ月間の休暇をとろうとする人は
 なかなかいません。

 実行しようにも、さまざまなしがらみがあって難しいと
 いう方も多くいらっしゃるでしょう。

 というよりもそのような方のほうが圧倒的に多いはず。


■では、そこをあえて1ヵ月休むと、どうなるか。


 「夏になると1ヵ月の休みをとる、鮒谷という男がいる」


 みなさんの頭の中には、きっとそのように深くインプット
 していただけたのではないでしょうか?


■あなたには、お友達や仕事で関係のある方々など面識のある人が
 数十人、あるいは数百人、多い人なら千人以上おられるかと
 思いますが、

 そうしたお知り合いの中で、すぐに思い浮かべることができる人は

 「際立った何か」

 を持っているはずです。


■相手に「自分のことを覚えておいてほしい」と思ったなら、
 方法はいろいろあるでしょう。

 自分のビジネスで認知していただくこともできますし、
 私であればこんなメルマガを発行しているとか、

 あるいはこんな本


 【 今日のお勧め本 仕事は、かけ算。】



 を出している、と認識してもらうこともできます。


■それもいいのですが、まだまだ弱いのです。

 でも、

 「1ヵ月の夏休みをとっている鮒谷」

 というのはけっこう強烈なインパクトなのでは
 ないでしょうか。


■昨年は、8月に1ヵ月間、夏休みをいただきましたが、
 1年たっても、

 「夏休みが取れていいですね」
 「うらやましいです」

 と、いまだに言われます。


■これは、そのときは決して狙ったわけではなく、昨日までに
 ご説明したような目的のために夏休みを取っただけなんですが、

 その結果、わたしが接する人たちの頭の中における認知、
 マインドシェアを、非常に高める役割も果たしたのを
 痛感したのです。


■そこで、さて今年も夏休みを取ろうと思ったのですが、

 「どうしたらさらなるインパクトを与えられるだろう」

 と考えて1ヵ月ずらすことにしたんです。
 7月から休みを取る人はほとんどいないはずですから。

 今回の夏休みは、そんな計算に基づいてもいるのです。


■あなたは、どんな方法で相手の脳裏に焼き付いてみたいですか?

 人さまにご迷惑の及ばない範囲で、なにか特別なことを
 実行されてみてはいかがでしょう。

 ある種の差異化が起こり、周囲の方に対する認知が高まるはずです。

 明日は、さらに核心に迫ります。(お見逃しなく)


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■数十人、数百人いるあなたの知人の中で、即座に思い出せる    人は「際だった何か」を持っているはず。   ■突き抜けた仕事の成果で認知される必要があるのはもちろん    だが、そこにプラスアルファ、人とは一風変わった特徴なり    行動を付加することでさらに印象深くなるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。