毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1013号 友達100人できるかな?ゼロから成功できる「面会力」


■「何か、ことを成し遂げたい」
 「今いる場所から飛躍したい」

 「とはいっても、今、何も持っているものがない...」

 そう思っておられる方は多いのではないでしょうか。

 私も会社が倒産し、失業したときにはそう思いました。


■そのときに、ひとつ決意したことがあります。


 「毎月、いまだお会いしたことのない方100人に会い続ける」


 ことを自らに課しました。


 それも、できるだけ異なるジャンルの人と会うようにしようと。

 内輪だけで固まってしまうと、考え方も固まってしまい、
 狭い世界の中でしか発想できなくなってしまいます。

 たいした成果もあげていないのに大成功したと思い込んでしまう、
 井の中の蛙になりかねません。


■これはもちろん私のオリジナルな方法ではありません。
 当時愛読していたいくつかの本の中で言われていたことです。


 「ジャンルを問わず、結果を出している人に限定して、1日に3人、
  1カ月に100人、1年間で1200人に会う」


 これを自らに課しました。


■実際にそれをウソ偽りなく行ってきたことは、
 この「平成・進化論。」の創刊号からの読者さまであれば
 ご存じのことかと思います。

 あるいはこのメールマガジンを発行する以前、まだ楽天のブログが
 ブログではなく「楽天日記」と言われていたころからの読者さま
 ならなおのことよくご存じのことではないかと思います。


■友人、知人のつてをたどって面白そうな人を紹介して
 もらう、

 あるいは、

 本の著者、実業の世界で成功されている方、ネットで
 活躍している人、

 など、恐れずどんどんアプローチしていきました。


■その自らに課したを「行(ぎょう)」を継続していくうちに、
 明らかに人生が変わり始めたことを実感するようになりました。

 さまざまな方から助けていただけるようになりました。
 いろんな人がヒントをくださるようになりました。
 また、さらに多くの友人を紹介してもらえるようになりました。


■残念ながら、お会いした方全員とつながり続けることは
 できていません。

 これは、クラスメートのようなものなのでしょう。

 小学校、中学校、高校と、同じ教室の中で、ある一定の期間を
 ともに過ごした人はたくさんいるわけですが、

 そのなかで一生涯の付き合いになる人はごくわずかです。

 それどころか、二度と連絡を取ることもない人が大半では
 ないかと思います。

 出会ったすべての人とのご縁を保ち続けることは、現実問題
 として不可能に違いありません。


■しかし、同時に、会った人の数が多ければ多いほど、親友が
 できる確率は高まります。

 親友とはいかずとも、友人と呼べる人、ビジネスパートナー、
 取引先、メンターや師匠となる人との出会いが生まれます。

 人に出会うことをおっくうに思ったり、面倒臭いと感じたり
 するのは非常にもったいないことなのです。


■数年で収入を飛躍的に上げることが結果としてできた、
 そのイチバンの要因は、四の五の言わずに出会いを求めた
 ことだと思っています。

 いま何をしたらいいのか分からない、何から手をつけたらいいのか
 知りたい、

 そうおっしゃる方に対しては、これ以上のアドバイスはないと
 確信しています。


■出会いを求めて、外に出ましょう。

 1日3人、1カ月100人、1年で1200人に会う。

 それで、あなたの人生は好転し始めることを断言いたします。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生の中でのさまざまな出会いはクラスメートのような    もの。一度会った人でも大半は離れてしまう。   ■しかし多くの人に出会うほど、友人、師匠となっていく人が    増えていく。   ■これは単純に「確率論」の問題なのだから、人生を変えたいと    思ったらどんどん人に会っていくべき。1日3人、1カ月    100人、1年で1200人のいまだ会わない人との出会いを目標    にしよう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。