毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0991号 応援される人はカッコいい大人のシステムを持っている


■社会的に成功している人が備えている3つの特徴があります。
 それは、


   ▼利他の心

   ▼気づく力

   ▼行動力


 の3つ。


■他の人のお役に立とう、という「利他の心」がなければ気が
 つくことができず、「気づく力」があっても「行動力」がなければ
 人の役には立てません。

 この3つが揃って初めて、世のため人のために活躍するための
 土台ができる。

 昨日はそんな話をいたしました。


■この3点セットを、完全にシステムに乗せて稼働させている方も
 いらっしゃいます。

 私が大変お世話になっているある方は、電話でお話しするたび、
 用件が済むと決まって最後におっしゃることがあります。


 「何か変わったことはないか」

 「困ったことはないか」


 そのようにきかれるのです。

 そして私が何か申し上げると、それに対して適切な方を
 ご紹介くださったり、最適な対処法を教えていただいたりと、
 さまざまなお力添えをくださいます。


■これは昨日お話ししましたように、「利他の心」がなければ
 到底できることではないでしょう。

 そしていつも決まってそのようにお声かけくださると
 いうことは、完全にこれが習慣化され、システムにまで落とし
 込まれていることを意味しています。


■私もそんな方にあこがれて、少しでもマネさせていただこうと
 思っているのですが、

 相手が困っている内容を聞いたはいいけれど、
 してさしあげるべきことを実行しそびれてしまうということを
 よくやってしまいます。

 全く恥ずかしいことなのですが。。


■利他の心を持っておられる方々は、スタイルは一人一人異なれど
 非常に洗練された形で実行するシステムを持っておられます。

 それはひとつの芸術に思えることさえあります。


■私が尊敬しているその方は、数多くの秘書やスタッフの方々を
 動員して「実行」に落としていくシステムを完備されています。

 そのおかげで青二才の私も、今日までにどれだけ助けていただいた
 ことでしょうか。


■ですから私はその方には頭が上がらないですし、なにかご用を
 言いつけてくださったならば最優先にスケジュールを組んで
 いこうと思っています。

 もちろん私はその方から「応援してくれ」なんて言われたわけでは
 ありませんし、先方からそんなそぶりを見せられたこともありません。


■しかし私としてはどうしても、何かあったら真っ先に微力を奉じたいと
 思わずにおれないのです。

 つまり利他の心を持ち、その実行を習慣化していると、どのような
 ことが起きてくるかというと、

 その利他の心が【 応援される力 】に変わっていくのです。


■とはいっても、見返りを期待した施しは醜いもの。

 返ってくるものなど当てにしない、カッコいい人が、結果的に
 応援される人になっていくのでしょう。


■幼少のころ、カッコいい大人の姿を見て

 「自分も早くこんなふうになりたいなぁ」と思ったことが、
 みなさまにもおありでしょう。私もあります。

 私は、年齢を見れば、一応は成人しているといえます。

 しかし、こうした方々からつねづねご厚意をいただいていると、
 謙遜ではなく、まだまだ子供であることを反省させられるのです。


■その中で知られてきたことが、昨日からお話ししているように、
 まずは利他の心が必要であること。

 そして、気づく力、具体的に行動していく力が重要だということ
 なのです。


■現時点で私は、どれをとっても足りません。

 理想の大人像は、子供の時に持っていたそれよりも
 はるかに遠く厳しく、険しい道であることを痛感するばかりですが、

 転んでヒザこぞうをすりむきながらでも成長して
 いかなければならないと思っているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■利他の心を持っている人は、非常に洗練された形で実行する    システムを持っている。   ■利他の心を持ち、その実行を習慣化していると、    【応援される力】が備わってくる。   ■応援を求めて人を助けるのではなく、見返りを期待せずに    多くの人に手をさしのべた結果、よろこんで応援して    もらえる人になれるということだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。