毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0972号 理想のライフスタイルを実現するために、時間をお金で買っていく


■昨日から、「時間をお金で買いましょう」という話をしています。

 時間をお金で買うことなんてできるのか?

 それが、できるのです。


■たとえば私は、移動の際に公共の交通機関を使うことは、ほとんど
 ありません。

 特に都内の移動の場合、必ずといっていいほどタクシーを利用します。

 東京は地下鉄が発達しており、これを利用するのもひとつの方法
 ではあるのですが、

 きっぷを購入する時間、電車の待ち時間、乗り換えの時間、
 改札を通る時間、階段の上り下りなどに要する時間などは、
 ロスに思えてなりません。


■都内であれば、タクシーは早ければ数秒、遅くとも数分以内には
 見つかります。

 あとは行き先を告げれば直(ちょく)で目的地まで連れていってもらえ、
 そしてなんといっても、乗っている間は電話が可能です。

 移動しながら、お客様やスタッフ、友人とほぼ100%電話で
 話しています。わたしとよく電話される方はご存知だと思いますが、
 こちらからかける電話は、ほぼ全てタクシーの中からかけています。

 (事務所にいて電話することはほとんどありません。時間の浪費と
 考えます)

 これは単位時間あたりの密度を圧縮していることになるわけで、
 結果として「時間を買っている」ことになります。


■毎月タクシー代に出ていくお金は、これは、まさか自慢するわけでは
 ありませんが、月に20万円から30万円は下りません。

 このお金を惜しんで、1日に4回地下鉄に乗るとして、1回乗るごとに
 30分かかったとしたならば、

 1日に2時間、毎日失われていく計算になります。


■これは昨日お話ししたように、2時間という「命」が失われている
 ことに他なりません。

 その「命」をお金によって引き延ばすことができるのならば、
 それに使ったお金は惜しくないのです。

 2時間×30日 = 60時間 = まる2日半 を、
 毎月、20万円から30万円で買えるのならば、どちらが意味のある
 ことであるか。

 買った時間で、より生産性の高い仕事をすればよいだけのことです。


■私は事務所から徒歩2分のところに家を借りています。

 これも同じ発想からで、移動の時間に30分も1時間も2時間も
 かけることは非常にもったいないことと思えてしまうのです。

 (異論があるかもしれませんが、あくまで私個人の考えと捉えて
 くださいね)

 もちろん、電車を使って移動時間にやれることはあるでしょう。

 しかし、終電の時間を気にしたり、満員電車で押されたり蹴られたり、
 隣の人のヘッドホンの音漏れにイライラしたりすると、
 肉体的にも精神的にもムダなところで消耗してしまいます。

 それがイヤで、ほぼ通勤時間ゼロの環境を選んでいるのです。


■もちろん、これも当然のことですが、何かを誇示しようとして
 いるのではありません。
 時間をお金で買おうと思ったら、自然とそのようなスタイルに
 なってこざるを得ないのです。

 こうしたことをムリにお勧めしているのではなく、

 現在の自分のビジネスの発展に伴い、あるべき理想の姿を
 追求していくにつれて、このようなライフスタイルになってきた、
 ということをお伝えしたいのです。


■もちろん、すぐに「時間をお金で買うライフスタイル」を実現できない
 場合もあるでしょう。

 私も数年前は、タクシーでワンメーター分の距離を移動することすら、
 大変な贅沢だったのです
 (なんといっても失業者でしたから。。)

 お金を時間をお金で買う重要性は分かっていても、
 現実問題としてそれは不可能でした。

 ただ、「本来はかくあるべし」という理想の姿を描いて、ひとつひとつ、
 求めている環境を手に入れていく心がけを常に持っていました。


■このように、「お金を時間で買う」のでなく、
 「時間をお金で買う」マインドにチェンジすることによって、

 思い描いていたライフスタイルに近づくことが可能になってきたのです。


■「平成・進化論。」の読者さまの中には、すでにそのようなライフ
 スタイルを実現されている方もいらっしゃるでしょうし、

 やろうと思えばすぐにでも移行可能な方もあれば、

 さまざまな事情によって今すぐにはできない方もいらっしゃるかも
 しれません。

 ただ私の場合は、思い願うことで、少しづつ理想の環境を
 得ることができるようになってきました。


■決してこのライフスタイルが100%正解かどうか分かりませんが、

 少なくとも私においては、

 この生活を押し進めてきたことが結果的に心地よい環境に身を置き、
 かつ高い生産性を生み出すことになったのは間違いないと思います。

 読者様から、よく時間管理をどのようにしているのか?
 と尋ねられるのですが、

 わたしの時間管理術の一端としてご紹介できればと思い、2日間に
 わたって書かせていただいた次第です。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「お金を時間で買う」のでなく、「時間をお金で買う」    マインドにチェンジしよう。   ■時間は貴重な自分の「命」。お金で買えるところがあれば    どんどん買っていくべきだろう。    その買った時間で、より生産性の高い仕事をすればいい。   ■「時間をお金で買うライフスタイル」は、人生を高速で    変えてくれる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。