毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0956号 一流セールスパーソンが「信頼」と並んで売っている「世界観」とは


■昨日は一流のセールスパーソンは「信頼」を販売している、と
 いうことをお伝えいたしました。


 「あなたが販売しているなら、いいものに決まっている」

 「あなたがすすめるものを買っておけば、マチガイない」


 経営者であれ、セールスマンであれ、お客様からこういうことを
 いわれるとするならば経営者冥利、あるいはセールスマン冥利に尽きる
 というものでしょう。


■今日は、昨日の話に引き続き、数多くのお付き合いのある
 一流セールスパーソンから学んだことについて、さらに補足して
 お伝えできればとおもいます。


■無理な営業トークを重ねなくても、自然な会話の中で自動的にモノが
 売れていく、

 そんな理想のビジネスの形態をとっている人が必ず行っている
 ことがあります。

 それは、その人独自の【 世界観 】を売っているということです。


■【 世界観 】は【 感性 】と言い換えてもいいのかもしれません。

 あなたが周りにいる人を想像してみられたときに、
 この人の感性に近い、親しみを感じる、といった人が、きっと
 いらっしゃるとおもいます。


 そしてその感性は無理強いされたものではないでしょう。

 無理強いされた世界観に共感を覚える人など世界中のどこにも
 いないでしょうから。


■押し売りに近い状態でモノやサービスを販売する
 凄腕セールスパーソンなど、聞いたことがありません。

 「売らずに売る」の極意を身につけた人が真のセールスマンである
 のでしょう。

 気がついたら、その人から購入していた、というくらいの
 自然さがもっとも理想的ではないでしょうか。


■そしてそういう販売活動、あるいは購買者から見ると購買活動
 には、

 かならず【信頼性】と同時に、販売者の【世界観】への共感が
 付随しているものなのです。

 どれだけ信頼性の高い人からであっても、その販売者の持っている
 世界観、あるいは感性が自分と縁遠いものであるとするならば
 多くの人は、その人から購入することはないでしょう。


■自分の考え方に近い、売っている人の世界観に共感を覚える、
 あるいはその感性に魅力を感じる、そんなところから、人は
 商品を購買するのだと思っています。

 あくまで「信頼」はその世界観を補強、補完するためのもの
 であるのだと解釈しています。


■わたしも、だからこそ、商品やサービスを販売する前に
 私個人の世界観を可能な限り提示して、その上で、自らを


 【 選んでくれよ!ではなく、まな板の上の鯉(鮒!?)になって
   甘んじて選んで頂く側 】


 の土俵に乗せているわけです。

 それでよければ私の提供する商品を購入してください、と。

 押し付けて売るのではなく、ごくごく自然に、提供するものが
 売れればよい。これを考え方の基盤に置いているつもりです。


■そのために、

 私はこうありたい、こんな人とお付き合いがしたい、と
 言葉にして表すこともありますし、

 行間からそれを感じとっていただけることもあるかと思いますが、

 そんな私の思いを満載させた「平成・進化論。」のご購読を通して
 おつきあいが始まった方は、初対面同士であっても断然、話が早いですし、

 また感性も非常に近い人ばかりなのです。


■このように、私の世界観を「販売」しておりますと、
 ありがたいことにその感性に近い方ばかり近づいてきてくださいます。

 逆に「平成・進化論。」を読まれて、鮒谷という人間とは
 話が合わなそうだな、となれば、
 そもそもお付き合いが始まることもなくなるわけですが、

 私は、それでよいと思っています。

 お互い、感性の合う人同士でお付き合いをするのがハッピーだと
 思っているのです。


■それは「良い・悪い」ではないのです。

 クラスメート全員と親友になれる人など誰一人として存在しない
 わけで、クラスの中で数名でも親友ができれば上々なのでしょうし、

 確率からいって、人口の100人に1人、1000人に1人、10000人に1人の
 共感者が存在していれば、その共感者の方々のもとでビジネスを
 させて頂ければよいのです。


■お互い、事前情報を交換することで「この人と付き合いたい」と
 思った結果、お付き合いが始まる。

 そんなビジネスは気持ちがいいですし、たいていはうまく
 いくように思います。


■この「世界観を売る」ことができるようになると、さらに
 ビジネスにおいて決定的となるメリットを享受(きょうじゅ)できる
 ようになるのですが、

 そのことについては明日、くわしく話したいと思います。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一流のセールスマンは「信頼」と並んで「世界観」を売って    いる。   ■これは売上アップのために必要なことだが、同時にまた、    ビジネスを気持ちよいものにするための方法でもある。   ■自分の人となりを事前に多くの人に対して知らしめることが    できれば、感性の合う人とばかりビジネスができるように    なる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。