毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0868号 感情体験をリンクさせることにより、目標達成は向こうから近づいてくる


■たとえば、あなたが10年後には1億円稼ぐ!と決意されていると
 いたしましょう。(あくまで仮定の話ですよ)

 では、そのイメージしている1億円には色がついているでしょうか。
 形が見えているでしょうか。匂いを感じられるでしょうか。
 手触りまで想像できるでしょうか。

 さらに、その1億円と引き換えに何が得られるのか、何を出来るのか
 明確になっているでしょうか。


■それが明確になっているのであれば、1億円という金額を稼ぐことは
 正直、そんなに難しいことではないでしょう。

 しかし、1億円がデジタルの数字としてその額面の金額が頭の中を
 くるくる回っているだけであれば、

 10年経っても30年経っても、100年経っても、1億円稼ぐ、ということは
 ないでしょう。


■簡単な話で、人間は「なぜそれをしなければならないのか」の
 動機付けがなければ動かない、あるいは動けない存在だからです。


■昨日もちょっと書きましたが、

 今まで900回近くメルマガを配信するなかで、
 一番、反応がいいのが「お金の稼ぎ方」のテーマだということが分かりました
 ので(笑)、

 あえて、お金稼ぎについて、以下、例を挙げますが、別にお金儲け
 の話だけではありません。


■大学受験にしても、資格取得にしても、ダイエットにしても、
 あるいは人間がアレ欲しい、コレしたい、と考えるおよそのことは、
 まったく同じことでしょう。


■具体的なイメージが湧いて、その状態を心のそこから渇望するから、
 初めて「よし、やってやろう!」という心理的な状況を
 自らが生み出すことができるのです。


■たとえば、

 このような美味しい、そして雰囲気の良い飲食店に行けば3万円だとか、
 30万円払えばこのようなセミナーにでられるとか、


 50万円でこのような高級ブランドの洋服が買える、
 この時計を買ったら300万円する、

 賃料いくらでこのような部屋に住める、
 何100万円あればこのような高級家具一式をそろえることが
 できる、


 1000万円あればこのような車に乗れる、
 1億出せばこんな家に住める、

 これだけあればこのようなゴルフ会員権が持てる、
 特別な会員制のサービスが受けられる、


 などなど、必要な金額とそれによって得られる物品ないしサービス
 のイメージ付けは、だから重要なのです。

 (上記は一例です、それにしても発想が貧困ですね 苦笑)


■ところが、数百円、数千円、数万円、数十万円ならばイメージが
 できるけれども、

 100万円以上の金額になると、それによってどういったものが
 手に入るのか具体的に想像できない、

 とか、

 数千万、数億の単位になってくると「それによって何が可能に
 なるか」が具体的に分からないという方も大勢いらっしゃいます。


■宝くじで3億円なり1億円なりが当たった人が、その後、身を持ち崩して
 しまうということを聞きますが、

 それは、3億円という数字のイメージ付けができていないときに
 そのお金がポーンと手に入ってしまったため、

 ものを買うときにそれがしかるべき対価なのかどうか判断できない
 まま大金を使ってしまい、気が付いたときにはなくなっている
 というケースではなかろうかと思います。

 せっかくの大金がコントロールできなくなったということですね。


■お金自体には、色もカタチもにおいもありません。

 通帳記帳しても数字が印字されるだけですし、

 その数字もすべてデジタルデータとして、銀行のオンライン
 システム上で管理されているだけ。

 0と1の、デジタルの世界で完結してしまうものです。

 銀行振り込み、カード決済、さらにデビットもあり、
 実際に紙幣を介在させない取引が主流になっているわけですから。


■人間は、想像できるものしか「欲しい」という気持ちが
 生まれません。

 年収1000万円を達成したい!年収1億欲しいです!

 と口にはしてみても、どうも砂をかむようで、実感がわいてこないと
 すれば、このカラクリを解明しなければなりません。


■稼げるお金をコントロールしたいと思ったらまず、

 色もカタチもないお金というものを、

 色もありカタチもある現実の体験、その体験によって得られる
 感情に、深くリンクさせていく必要があるのです。


 その具体的なやりかたについては明日お話しいたします。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成功している人は、1000万円で何ができて、1億円で何が    買えるかを具体的に知っている。   ■お金というものは概念であり、銀行のシステム上のデジタル    データとして存在したりしているだけであるから、われわれ    の認識に乗りにくい。   ■認識に乗らないものは、欲しいとも思わない。だから金持ち    になろうと口では言っても、意欲がわいてこない。   ■お金と体験(感情変化)のリンクをさせていくことが必要だ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。