毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0839号 あなたはあなたのプロデューサでなければならない~堀之内九一郎さんに学ぶべきこと


■あなたの人生、ないしあなたのビジネスは、
 あなた自身がプロデューサーとして創り上げていかなければなりません。


■プロデューサーとは、舞台や放送番組、映画や音楽、ゲームソフト
 などを作るために、

 企画の立案、製作資金の収集、監督探し、スタッフ集め、製作の
 総指揮、販売計画にいたるまで、すべてを管理する人間のこと。


■プロデューサーといいますと、何億、何十億という予算を持ち、
 大きなしかけをしていく人だけのことと誤解される人があるかも
 しれませんが、

 わたしたち一人一人が、自分および自分のビジネスを
 プロデュースしていかなくてはなりません。


■予算や人材などは資源であり、限られています。

 その限られた資源を使って、最高の結果を発揮しなければならない。


■戦いでいいますとさまざま火器、弾薬や、兵士、飛行機、戦車の
 数や種類、燃料その他さまざまな限定された資源を、

 師団、連隊、小隊などそれぞれの組織の単位ごとに割り振り、
 最大効果を発揮するように考え、実際の行動にまでおとすのは
 指揮官の役目。


 その指揮官にあたるものがプロデューサーであるといってもいい
 でしょう。


■あなたにはあなた固有の能力、人間関係、知識など、与えられた
 資源があります。

 その資源に、多い少ないの個人差はありますが、


 これが連隊であったら、その割り振られた資源が多かろうが
 少なかろうが、上に文句は言えません。

 部下が上官にむかって、割り振りについて文句を言ったらクビが
 飛ぶでしょう。


 ある中で戦う。それが戦(いくさ)というものです。


■ないと嘆いておれば、無制限に資源を補給してもらえるなら
 嘆くがいいでしょうが、

 わめいたところで弾薬も新兵器も補充してはもらえない。


 ときには武器弾薬が尽きかけていても、余力たっぷりの
 ように見せねばならないときさえあるかもしれません。


■私たちもそれと同じで、今ある資源をいかに大きく見せていくか、
 そこを考えていくのです。


 先日、「マネーの虎」にも出演されている堀之内 九一郎さんに
 インタビューさせていただきました。

 堀之内さんといえばホームレスから億万長者になったことで
 有名な方ですが、

 なけなしの資源をどのように大きく見せていったかがこの本に
 克明に書かれています。

 (なにもなくても知恵を出せばなんとかなることを教えられます)


 【 今日のお勧め本 野良犬の成功法則 】


■私はこのお話を読んだとき、やはり堀之内さんは持てる限られた
 資源をいかに多く見せることができるか、

 その見せ方が非常にうまい人であり、
 さながら現代のわらしべ長者のような方だと感嘆したのです。


■堀之内さんはホームレス時代から、そのときそのときの最大限の
 見せ方をプロデュースしてきました。


 あなたもなにかしらのことを成し遂げたいのであれば、
 あなた自身のプロデューサーとしてさまざまに知恵を絞り、

 お金なり資源を手元にあるなかで最大限有効活用できる
 総合プロデューサーとなる。


 そんな視点で自分自身、ないし事業をとらえたなら、
 また違ったアイディアなり発想がわいてくるかもしれません。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■予算や人事などは資源であり、限られている。   ■だが戦(いくさ)となれば限られた武器弾薬でいかに最高の    戦果をあげるか、命をかけて知恵を絞らねばならない。   ■その割り振りをするのは指揮官の役目。プロデューサーの    仕事。   ■私たち一人一人が、自分自身、あるいは自分のビジネスの    プロデューサーである必要がある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。