毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0817号 ピタゴラスの定理はそのまま使うに限る。~人生にオートパイロットシステムを搭載する方法


■ここでピークパフォーマンス方程式として紹介している内容は、
 私のオリジナルなものはひとつもなく、

 世のピークパフォーマーたちが使っている定石を、私なりの言語で
 咀嚼(そしゃく)したものである。

 そんなことを昨日はお話しいたしました。


■こうした言語は持てば持つほど力強い結果を残せるようになります。


■悲しいですが、人間は、その場その場で思考をイチから組み立てる
 ことはできません。

 そしてそんなヒマもないのです。

 数学で出てきた「定理」もそう。


■三角形の問題を解くとき、ピタゴラスの定理を組み立てるところ
 から始めていたら大変です。

 またそんな段階をその都度踏んで、微分積分の問題まで解けるように
 なろうとしたら、一生かかっても不可能でしょう。

 ピタゴラスの定理は、「定理」として、もう疑いなく使ったらよい
 のです。


■人生、なにごとも前向きがいいのか。
 それとも後ろ向きがいいのか。

 こんなことは、考えるまでもなく、前向きがいいに決まっています。

 では、なぜ人生は前向きがいいのか? と証明しようとする人が
 いるでしょうか。

 この方程式を証明しようとして2ヶ月も3ヶ月もかかっていたら
 何も進展しません。


■「時間を有効活用することは大事なことである」。

 この方程式を時間をかけて証明していたら本末転倒です。


■いろんな世界で活躍し、成功している人の使っている方程式の最大
 公約数をまとめているのであれば、99%は外すことがありません。

 まれに1%、違ったことを言う方もおられるわけですが、

 それはごく例外として扱っても、大勢に影響はないかとおもいます。


■さまざまな成功法則などをひもといてみて、

 最大公約数的に使われている内容は、もうすでに証明された定理と
 みなしていいのではないかと思います。


■それを正しい、正しくない、と吟味に時間をかけるよりは「定理」
 としてそのまま受け入れ、実生活に生かしていけばよいじゃないか、

 わたしなどはそのように思うのです。


■そういう定理なり方程式を持っているから、その場面場面に応じた
 次の一手を判断することができるし、

 問題解決のスピードも速くなり、

 またその判断の精度も高くなる。


■あなたが出す結果は、


  【 判断の精度 × スピード 】


 で決まるのです。


■スピード至上主義だといっても、最初の判断が間違っていたら
 大変。

 正しい方角の180度反対方向に向かって全力疾走したらどうでしょう。

 やればやるほど狙ったゴールから遠のいていきます。


■反対に、精度は高い、方向性は正しい。でもスピードが遅かったら。

 たしかにカメの歩みで間違いなく目的地に向かって進んでは
 いるのですが、いかんせんそのスピードが遅い。

 そんな場合もあるわけです。


■多くの飛行機にはオートパイロットシステムが搭載されています。

 このシステムには、こういうシチュエーションの場合はこの動作、
 こんなことが起きたらこの動作といった、

 アルゴリズム(動作を制御するプログラム)が埋め込まれています。

 そのために飛行機はどんな条件下でも安全に、確実に、
 最短距離で目的地に到着できるのです。


■最短・最速でゴールに到達しようとしたならば、
 私たちの人生にもオートパイロットシステムが必要です。

 こういうシチュエーションの場合はこの判断、
 こういう問題が起きてきたときはこの対処法、

 といった方程式が必ずあるはず。

 そんな方程式を、毎日ここでまとめています。


■もちろん自分なりに咀嚼(そしゃく)検討することは必要な
 ことですが、

 最速で結果を残すためにはピークパフォーマーたちの最大公約数
 である方程式を、疑わずにそのまま使うことは大変重要なことだと
 いえるのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ピタゴラスの定理は、すでに証明され、世界中で使われて    いる定理。疑わずにそのまま使ってよい。   ■それと同じで、ビジネスにおいても先人が血と汗と涙で    証明してきた偉大な方程式がいくつも存在している。   ■そんな方程式なら、あれこれ考えるまでもなくどんどん    使っていけばよい。   ■それはあなたを飛行機のオートパイロットシステムのごとく    成功まで導いてくれるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。