毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0774号 コミュニケーション術の最大注意事項は、異世界を知る努力。


■しばらくコミュニケーション関連の話がつづきます。


■コミュニケーションをとるうえでいちばん注意しなければ
 ならないこととは、どんなことでしょうか。


■それは、


  【 相手はいったいどんな世界に生きていらっしゃるか 】


 を、自分のわかる範囲内でも推察しよう、洞察しよう、
 理解しようとつとめようということです。


 私は、まだまだ至らないながらも、これをつねに念頭におく
 ように心がけています。


■とはいえ、相手がどんな世界に生きているのか理解するのは
 たいへんなこと。

 きのうも書きましたが、人はみな生きている世界が違うのですから
 それを理解しようとするのは並大抵のことではありません。


■ここで、相手の世界を理解するとは、どういうことでしょうか。

 言葉をかえれば、それは相手の【 考え方 】を理解することです。


■となれば、さまざまな考え方に触れることは非常に重要な
 訓練だということになります。

 自分とは異なる考え方を持つ人とどんどん会わなければなりません。


 その手段としては、会食かもしれませんし、
 セミナーかもしれませんし、

 まずはさまざまなジャンルの本を読んでみることも大切な
 ことでしょう。


■私は今までに、いろいろなことを勉強してきたつもりですが、

 そのなかでもことのほか役に立ったものは何かといいますと、


 じつは、自分とは関係のないと思われるセミナー。

 無関係としか思えないような本。

 会食パーティーなどの場で、時間の許すかぎり、異なるジャンルの
 ビジネスパーソンの話を聞きに行ったり、


 といった行為なのです。


 こうしたことが自分のビジネスパーソンとしての足腰を鍛える
 ことになったのではないかな、と思うことがよくあります。


■作家や芸術家の方、

 あるいはスポーツ選手や、ときには政治家、

 上場企業の社長さん、さまざまな業種業界の会社にお勤めの方、

 OLさん、フリーターさん、学生さん、

 ある分野の専門家といわれる方などなど、


 さまざまな立場の人たちのさまざまな考えに接することによって


 【 このような方はどんな世界観で生きておられるのか 】


 が、大まかではありますが類型のようなものが理解できてきたと
 おもっているのです。


■特定の職業のひとが全員おなじ考え方をされるはずはもちろん
 ありませんが、

 その最大公約数的な思考パターンは、こちらが経験を重ねることに
 よって認識できてきます。


■ひとりやふたりの人と接するだけではなかなかそのパターンが
 見えてこないのですが、

 何百、何千という人と会う、あるいはセミナーに行く、本を読む
 ことによって、

 それぞれのジャンルの人たちはどんな思考パターンを持って生きて
 おられるのか、おぼろげにも分かってくるのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■コミュニケーション術を身に付けようとしたとき、最も    気を付けていかねばならないのは    【 相手はいったいどんな世界に生きていらっしゃるか 】    を理解しようと努力することである。   ■そのためには自分とは異世界に感じる方々とふれあい、    知らなかった考え方を貪欲に吸収していく態度が要求される。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。