毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0615号 継続的学習によるアウトプットの最大化を図るライフスタイルを。


■教育を否定して国家の発展もなければ社会の活性化もなく、

 個人の自己実現もありえないのではないか。


■昨日、そんなお話をしていたわけですが、

 実際に、ペリーの黒船来航から開国、その後の明治初期の混乱期を
 日本が乗り切ることができたのは、ひとえに、一人一人の教育レベルが
 高かったがゆえ。


■同様に第二次大戦後の高度成長も、一人一人の教育レベルが
 一般的な諸外国と比べて高かったからだ、といわれているようです。


■今は、どうか。

 その自己に教育を施すことに対し、勉強する人はする、しない人は
 しない。

 極端に両者が二分されているように感じます。


■お金を出したから教育だとか、お金を出さないから教育じゃないとか、
 もちろんそんなことで計れることではありません。

 ただ、

 どんな形であれ、自分の時間であったり、考えの一部を
 自分に教育を施すことに対して配分する、

 それはやはり必要なことでしょう。


■さまざまな投資といわれるものがあります。

 不動産投資に株式投資。投資信託もあれば、貴金属、その他いろんな
 投資案件がありますね。


■また、

 家に対する投資、車に対する投資。

 衣服、身の回りの電化製品。

 飲み代、携帯電話代といった、コミュニケーションのための投資。
 (一部、浪費といわれるものもありますが。。)


■それらの中でも私は、今までに行ってきた投資で最良のものは
 自分に対する投資であると、これは断言することができます。


■自分に対する投資は、いわゆる学校内部の教育かもしれませんし、
 学校外の教育、

 あるいは職場内の教育、職場外の教育かもしれません。


■いろいろありますが、いずれにせよ(主体的に)学ぼうと
 思って学び始めた人は強いことを実感しています。


■今後も「平成・進化論。」は、私自身の身体を実験台として、


 【継続的学習によるアウトプットの最大化を図り、

          肉体的・精神的・金銭的自由を得るライフスタイル】


 を提唱していきます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■日本が明治初期の混乱期を乗り切ることができたのも、        戦後の高度経済成長を遂げることができたのも一人一人の       教育レベルが高かったからと言われている。            ■どんなかたちをとるにせよ、(主体的に)学ぼうと思って       学び始めた人は強い。                      ■【継続的学習によるアウトプットの最大化を図るライフ        スタイル】を身に付けよう。                

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。