毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0606号 のんびり社長に明日はない。


■上述の通りですが、私が大変お世話になっており、尊敬している方の
 一人が、高井伸夫先生です。


■最近、「平成・進化論。」をお読みになられ始めた方もたくさん
 いらっしゃるので簡単にご紹介させていただきますと、

 高井先生は日経ビジネス誌などで日本を代表するトップ弁護士として
 取り上げられたり、出す著書全てベストセラー。

 その販売冊数は累計30万部を超えています。

 日本を代表する企業のトップの方とも親交が厚く、非常に多彩なネット
 ワークをお持ちでもあります。


■「平成・進化論。」でも何度もご紹介させていただいているので、すでに
 お読みになられた方も多いかと思いますが、

 その高井先生のかかれた「3分間社長塾」には珠玉の言葉が
 ちりばめられています。


 【 今日のお勧め本 3分間社長塾】


■その中の第一章のテーマが、

 「のんびり社長に明日はない」


■「3分間社長塾」の中のメッセージで、
 私の名言語録集に入れさせていただいたキーワードであったり
 キーセンテンスがいくつかありますが、

 その中でも印象に残った一文です。


■もう、いまさら語るまでもないことだと思いますが、現代は非常に
 世界の流れが速くなってきています。

 そんな中で悠長なことをしていてはアッというまに、
 会社経営者であるならば会社が転覆してしまいますし、

 個人であっても油断していればそれまで営々と築き上げてきた自分の
 能力やスキル、知識が瞬時に陳腐化してしまう。

 そんな「大変な時代」です。


■こういう時代だからこそ、口癖のように

 「のんびり社長に明日はない」

 と唱えなければなりません。


■私もいま、朝起きたときに、真っ先に出てくる言葉が、

 「のんびり社長に明日はない」。


■そうするとすべての行動が1段階シフトアップします。

 ローギアに入っていたものが2速へ、2速なら3速へ、
 3速から4速、4速までギアが入っていたならトップへと
 加速できます。


■そのようにひとつひとつの動きを早めていかなければならないのですが、

 この「のんびり社長に明日はない」という言葉と対にしてご記憶いただき
 たいのが、

 「3分以内で決断と実行」。


■のんびり社長に明日はない、したがって、すべてにおいて即断即決だと
 いっても、

 では、どれくらいのスピードでことに当たればよいのか。


■その基準がなければ、人によっては3分という人もあれば、
 1時間という人もあり、

 なかには1日で決断できれば即断即決という人もいるでしょうし、

 ともすると1週間かけて決断を下し実行に移って、それで即断即決したと
 自負している人もあるわけです。


■高井先生は、「3分間社長塾」の名のごとく、3分がひとつの基準であり
 何事も3分以内に決断し実行しなければならないとおっしゃっています。


■「3分以内で決断と実行」

 これで1時間に20個の決断と実行が可能になります。


■小さなものから大きなものまでひっくるめて、1日で100~200個のことに
 取り組むことができるようになる。


■それを1週間、1ヵ月、半年、1年、3年、5年と繰り返すことで
 鍛錬にならないほうがおかしいというもの。

 即断即決の繰り返しこそが、あなたとあなたの心を鋼のように鍛え上げて
 くれることになるのです。


■考え込むな。立ち止まるな。走り続けよ。

 これが私自身に対して、そしてこれを読まれているあなたに対しての
 今日のメッセージでした。


 【 今日のお勧め本 3分間社長塾】


(今日の内容、参考になった!と思った方、ぜひご友人などに転送下さい)

 【お勧めメルマガ 「平成進化論」
 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■現代は一瞬でも立ち止まれば能力やスキル、知識が陳腐化    する「大変な時代」。   ■ならばこそ瞬時に決断し実行していくことが大切。   ■3分以内で決断と実行。これで1時間に20個の決断と実行が    可能になる。   ■のんびり社長に明日はない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。