毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0588号 食べることは忘れても読むことを忘れるな。


■何かの本で読んだことがあるのですが、

 「食べることは忘れてもいい。だが、読むことを忘れるな」

 と言った人がいました。


■ひるがえって、今の自分自身を生み出した一番の原因は何かと
 尋ねられたならば......

 当然のことながら、私自身の思考・行動パターンはさまざまなもの
 から影響を受けていると思われますが、

 中でも大きな習慣はやはり、本を読む習慣だと言えるでしょう。


■これについて、私は両親に非常に感謝しているのです。

 うちは両親ともに本をよく読みますし、たくさんの蔵書がありました。


■幼稚園に上がるか上がらないかという時期から、読み聞かせを
 してもらっていましたし、

 小学校では童話、伝記などをどんどん読んで、
 そこからやがては小説であったり、それが長じて実務書なんかも
 読みはじめるようになりました。


■冒頭に述べました、

 「食べることは忘れてもいい。だが、読むことを忘れるな」

 との言葉は、これは本当に真実だと思っています。


■自分が何かしらの決断や選択を迫られたとき、その決定を下すためには
 必ずその決定を導くまでの自分のバックボーンが必要になります。


■そのバックボーンは自身の経験であったり、
 あるいは人と会うことによって得た知識であるとか、
 あるいはセミナーで学んだ内容かもしれませんが、

 時と場所を選ばず、しかも短時間・低コストで大量の情報収集を行い、
 自分の骨組みを強固にする。

 その効率性という点では読書の右に出るものはないと思います。


■そういうわけで、そんな習慣を植え付けてくれた両親に対して、
 私は多大な感謝の念を持っているのです。


■では、この「平成・進化論。」読者さまのような、お忙しい
 ビジネスパーソンのあなたは、どんな読書をしていったら
 よいのでしょうか。

 私が考えている読書習慣を明日、提示したいとおもいます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■何かしらの決断や選択を迫られたとき、その決定を下すため      にはその決定を導くまでの自分のバックボーンが必要になる。    ■時と場所を選ばず、しかも短時間・低コストで大量の         情報収集を行い、自分の骨組みを強固にする効率性という       点において、読書の右に出るものはない。          

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。