毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0583号 絶え間ない改善と絶え間ない変化のみを求めよ。


■このメールマガジンは、なぜ「平成・進化論。」というタイトルなのか、
 というご質問を時々いただきます。

 そこで今日は、このことについてちょっと書きたいと思います。


■著名な経営コンサルタントであるトム・ピーターズの著書、
 「経営革命」の中に、次のような表現があります。

 「エクセレント・カンパニーは卓越性を信じない。
  信じるのは絶え間ない改善と絶え間ない変化だけだ」

 と。


■変化が当たり前の社会となった今、永続的な卓越性は、企業にとっても
 ビジネスパーソンにとっても存在することができなくなりました。


■かくなる上は企業やビジネスパーソンが勝ち続ける道は、たったひとつ。

 それは変化を歓迎すること。


■変化を拒み、変化の波から逃げ隠れしようとしても、
 波のほうからどこどこまでもあなたを追いかけてきます。

 うしろを向いたままでは、この大きな波から逃げおおせることは
 できなくなることでしょう。


■インターネットの普及によって、ますます情報の均質化と
 拡散のスピードが加速されつつあります。

 かくも激しい構造変化が起きている世の中にあって、
 勝ち残るためには自分も進化を続けるしかない。


■このときに非常に重要なことは、
 変化し続けることを「快」とすること。

 やらされ感で変化しなければならない、というのは「不快」以外の
 何ものでもありません。


■「進化することが快楽」となることで初めて、社会の構造変化という
 ビッグ・ウエーブに乗り、ビジネスの大海原を泳ぎきることが
 できるのではないでしょうか。


■そんな思いから、この平成時代を共に生きるビジネスパーソンと、
 日々考えたこと・感じたことを共有したい。

 そう思って、この「平成・進化論。」というメールマガジンを
 毎度、言葉足らずながらも、それにもかかわらず、来る日も来る日も
 日刊で配信し続けていますし、これからも続けていこうと思っています。


■精密な構造と動作を求めるより、たとえ設計図は大まかでミスが多くても、
 ノンストップで突っ走ることが最も重要と認識しているからです。


■あなたと一緒に、一日に一歩でも半歩でも、絶え間なく進化し続ける
 ことができたなら、発行者としてこれに過ぎたる幸せはありません。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■変化が当たり前の社会となった今、永続的な卓越性は、        企業にとってもビジネスパーソンにとっても存在することが      できなくなった。                        ■かくも激しい構造変化が起きている世の中にあって          勝ち残るためには自分も変化を続けるしかない。          ■このとき重要なのは進化し続けることを「快」とすること。  

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。