毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0570号 逆境を成功に結びつけるには負けん気も必要。


■同じ環境に身を置いているにも関わらず、

 逆境に身を置いて沈む人と、逆境だからこそ燃え上がる人がいます。


■「今に見てろよーー」

 この思いは、非常に大きなエネルギーです。


■いろんな成果を上げている人の話を聞く機会が多いですが、
 そのような人たちはこのエネルギーの使い方が非常にうまいようです。

 負けん気も、一歩間違えば嫉妬であったり、怒りであったり、
 そういうマイナスの感情と連動して、自分を地の底に引きずり落として
 しまうことにもなりかねません。

 ところが、逆にうまくこれを善用することができれば、
 プラスの方向に途方もないパワーを集めてくれるものであることは
 間違いないでしょう。


■かくいう私も、実はけっこう負けん気が強い方なんです。

 それをあからさまに表現することはあんまりありませんが、
 その思いを水面下に沈めながら、

 「このままでは終われない」

 と奮起し、厳しい状況をくぐり抜けてきたことは1度や2度ではありません。


■あまりにも順境で、あまりにも恵まれすぎていると、そのような
 火事場の馬鹿力といいましょうか、ある特定の期間に集中してエネルギー
 を叩き込むことは難しいように思います。


■逆に、厳しい状態のときには、そこから抜け出そうとして単位当たりの
 時間で極大のエネルギーを投入することができますから、
 大きな結果を出すことにつながります。


■言葉を換えますとハングリー精神ということになるのでしょう。


■あしたのジョーも、ハングリー精神1つを抱えて泪橋(なみだばし)を
 渡りました。

 橋の下の丹下ジムで、粗末なトレーニング施設を使って特訓し、力石徹や
 カーロス・リベラといった並み居る強豪を打ち倒していきました。

 そしてついには、世界の王者・ホセ=メンドーサに挑戦し、判定で敗れ
 こそすれ、内容では彼を完全にノックアウトしてしまったのです。


■逆境にあることを嘆き、朽ち果てるのか、

 おのれの心の泪橋を渡って「このままでは終われない」と、自らを
 奮い立たせるか。

 それであなたの人生は大きく変わってきます。


■泪橋こそ栄光への架け橋。
 逆境は人生逆転のチャンスなのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■あまりにも順境な状態にあるとハングリー精神が立ち消えて      しまうことが往々にしてある。                  ■むしろ逆境のほうが、「このままでは終われない」と己を       鼓舞するのに都合がよい。                    ■逆境こそ人生逆転のチャンスである。            

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。