毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0560号 言葉が思考に与える影響を軽んじてはいけない。


■毎日ピークパフォーマンス方程式ということで、どうしたら
 その人の持っているポテンシャルの中で最高のパフォーマンスを
 発揮することができるかについて考えています。

 いろんな人から学んだり聞いたり、あるいは自分で感じたことを
 読者の方々と共有したい。

 そう思って毎日このようなかたちでみなさまに配信させていただいて
 おります。


■そんな中で、多くの成功者といわれる方々の話を聞いているうち、
 共通する点がひとつあることを発見しました。

 それは、言葉づかい。


■成功している人は、言葉づかいに細心の注意を払っています。

 「自分はどうせ~だから」

 「自分の能力では~できない」

 とかいう自己否定の言葉を使うことは一切しません。


■また、

 「あいつが~だから」

 「世の中が~だから」

 「~のせいで」

 とか責任を他者に転嫁したり、

 批評家になって、成功している人を見て、その人の揚げ足とりを
 テレビの前で行うようなこともしない。


■ともすると、そういった心の状態に知らず知らずのうちに入って
 しまうのが人間です。

 意識して、その言語をコントロールしなければ、9割ないし9割5分の人は、
 そのような陥穽(かんせい。落とし穴)にはまってしまいます。


■試しに、飲屋街を歩いて、居酒屋に入ってみたらどうでしょう。
 あるいは、ランチタイムの喫茶店でも構いませんね。

 勿論例外もあるでしょうけれども、ここで繰り広げられ、聞こえてくる
 会話のかなりの部分が、いま挙げたような言葉で占められているのに
 お気づきになるのではないでしょうか。


■いかにこれらのネガティブワードを駆逐して、ポジティブワードに
 変えていくか。


■これだけのことが自分の思考に甚大な影響をおよぼすと知れば、
 一瞬一瞬の自分が発する言葉の重みを意識できるようになるのでは
 ないでしょうか。

 この話は明日に続きます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■成功者といわれる人たちは、自己否定の言葉を使ったり        他者に責任を転嫁する言葉を用いることは一切ない。        ■それと対照的なのが、居酒屋や喫茶店で繰り広げられている      多くの時間つぶしの会話である。                 ■自分がこの瞬間に発している言葉に気をつけよう。          言葉が思考に与える影響を軽んじてはいけない。       

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。