毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0528号 ピークパフォーマンス方程式は人から学ぶもの。


■私は毎日、このスペースを使って、

 【ピークパフォーマンス方程式】

 なるものを書かせてもらっています。

 このピークパフォーマンス方程式という言葉、実はよく分からない、
 という方もいらっしゃると思います。


■改めて、ここで定義しておきましょう。


■あくまでもビジネスの世界限定のことではありますけれども、
 ピークパフォーマンスとは「最高の結果」ということを意味して私は
 使っております。

 ピーク(Peak=山頂、絶頂、最高点、最高の)
 パフォーマンス(Performance=成績、実績)

 ということで


 【最高の結果、実績を残すための方程式】


 が【ピークパフォーマンス方程式】ということになります。


■常に上昇し、常に最高の結果を叩き出す。
 その最高の結果を得るための普遍的な法則はないだろうか?

 これを自問自答して、言語に落として毎日お届けしているものです。


■これは、皆さんにお届けしたいということももちろんあるのですが、
 毎日配信していて、誰がいちばん得をしているかというと、いうまでもなく、
 書いている私自身です。


■こうして毎日メールマガジンを発行して、そのたびに1つの
 ピークパフォーマンス方程式を書いているわけですから、
 今日ですでに、なんと「524もの方程式」を持っていることになります。


■人間は、潜在的に自分の方程式というものを持っています。

 それは判断の基準となるものであったり、行動の基準となる
 方程式。


■何らかの対応しなければならない外界の状況が現れたときに、
 人はそれらの方程式を用いて、瞬時に置かれている環境を判断し、
 無意識のうちにアウトプットの方法を模索し、即座に実行に
 移します。


■では、どんなものがその人の方程式になっているのかというと、
 これまでの自分の人生の中で経験してきたことです。

 それ以外に判断の根拠とすべき基準をもてませんから。


■そしてその経験とは人と会ったり、家族や友人・知人との接触、
 観た映画、テレビ、ラジオでの話題かもしれません。
 あるいは新聞雑誌、読んだ本、周囲の環境、セミナーを受けたり。


■それらによって、無意識のうちに一人一人が莫大な数の方程式が
 インストールされているはずなのです。

 好むと好まないとにかかわらず(⇒ここ、重要)


■ところが、それが不幸なことに、よい結果をもたらさない方程式で
 あることも往々にしてあるように見受けられます。


■もちろん私自身が最良の方程式というものを世の中の真理として
 100%体得し、言語化して持っているわけではありません。

 「こうすれば必ず最高の結果が出る」などということは
 もちろん言えませんし、そんな方程式も知りません。

 しかし、よりよい結果を生み出す方程式はないものかと、常に模索しています。


■そしてその方程式は、実は自分が編み出すよりも、他の人から学んだ方が
 圧倒的に早い。


■何もないところからコンピューターを作れとか、人工衛星を作れと
 いっても無理なこと。

 人類は、過去の叡智の積み重ねから、そこをベースとしてさらに
 プラスアルファを積み重ねることによって進歩向上してきたのです。


■これは個人においてもまったく同じことだと考えています。

 私なりのピークパフォーマンス方程式の獲得法を、これから何日かに
 わたって話をしていきたいと思います。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人はみな莫大な方程式を持って生きているが、必ずしも    良い方向に向かうための方程式になっていない。   ■人類は過去の叡智の積み重ねをベースにプラスアルファを    積み重ねることによって進歩向上してきた。   ■これは個人においてもまったく同じ。他の人から学ぶことに    よって圧倒的に早くピークパフォーマンス方程式を身に付け    ることができる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。