毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0512号 異なる価値観を交配させることでビジネス遺伝子の強化をはかる。


■まず自分が、ある分野のオンリーワンないしナンバーワンになる。

 そうしたなら、次にそれを武器にして別の分野のオンリーワン、
 ナンバーワンの人たちと仕事をするようにしましょう。


■この人的なつながりを持つことによって提供できるオプションの幅が
 増えたあなたは、さらに優秀な人たちと交流ができるようになります。

 やがて加速度的に素晴らしい方々と結びつくことにより、あなたの存在は
 今以上にこの社会で必要とされることになるでしょう。


■昨日はそのような話をいしました。
 今日は、その補足を少々。


■そうやって多くの優秀な人々と提携しようとすると、あなたはいろいろな
 ものの考え方や感じ方、その人固有の世界観にぶつかることになります。

 自分と違うフィールドに生きている人たちだからこそ、えてして自分と
 全く異なる世界観を持っていることが多いのです。


■価値観が異なるということは、そこには衝突も発生しますし、真剣に
 取り組もうとすればするほど、それは必ず起きてくるもの。

 時にはケンカすることだってあるでしょう。
 しかし、それは必ずしも悪いことではないのです。


■もちろん、相手の人間性の部分においては、お互いに尊重し合う
 べきです。

 そうした上で、相互の価値観をぶつけ合うことは大いに結構なこと。
 というよりも必要不可欠といってもいいかもしれません。


■なぜなら価値観や考え方の交換をすることによって、
 遺伝子の交配が起きるから。


■生物は、遺伝子の交配をすることによって進化を遂げ、より強い
 生存能力を獲得してきました。

 それと同様に、ビジネスの場においても生存競争を勝ち抜くために
 遺伝子の交配が必要なのです。


■よほどの天才でもない限り、自分一人の考え方で仕事を進めていっても
 早晩行き詰まることでしょう。

 そこで、価値観のぶつかり合いによって遺伝子を交配し、
 より長く生き残ることができるよう、つねに自分を進化させて
 いかなければなりません。


■衝突は嫌いだ、自分の世界観は絶対だと思って、そこに安住して
 いると確かに一時的には居心地がいいでしょう。

 しかし、その居心地の良さがやがて緩慢な死へとつながります。


■人間観や世界観、人生観や仕事観といった、他者の考え方を全面肯定
 する必要はありません。

 ですが、自分の持っているそれらのものより、より高次のものを
 持っている人が世の中にはたくさんいます。

 あるいは対極の考え方をしている人さえあります。


■そうした高次の観点、対極にある考え方とのぶつかり合いが、
 よりよい解を生み出してくれることもある。

 だからこそ、さまざまな世界を持っている人たちと交流を持っていく
 ことが大切なのだといえます。

 異なる価値観を交配させることで、あなたのビジネス遺伝子は
 より強化されるのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■相手の人格を認めた上で、価値観をぶつけ合うことは大事な    こと。   ■遺伝子同士の交配のように、価値観や考え方を交配する    ことでより生存能力を高められるからだ。   ■自分より優秀な、他分野の人たちと積極的に交わる必要性が、    いよいよもって知られるであろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。