毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0500号 不測の事態に備えて数多くのオプションを持つ。


■昨日は、多くの生き方の規範(ロールモデル)に接するべきだという話
 をしましたが、これは言葉を変えればさまざまなオプションを持つことと
 言ってもよいでしょう。


■多くのオプションを持てば持つほど、自分が今持っているリソース(能力、
 適性、考え方、おかれている状況etc.)に合うような形の、今後の自分の
 方向性をその中から見付け出しやすくなります。

 これは単純に確率論の話です。


■同時に、たくさんのオプションを持つということが、あなたの人生という
 システムにおいて、冗長性を持たせてくれることにつながります。


■冗長性を持たせるというのは、例えばインターネット回線や電話の
 ネットワークの網は、どこかの回線が切れても通信不能に陥らないように、
 2本3本、あるいはそれ以上に何重ものバックアップ回線を持っているよう
 な状態をいいます。

 これがないと、回線断が生じた瞬間に通信が途絶えてしまいます。

 冗長性があるから、インターネットで一部の回線に障害が出ても、
 データが迂回路を探しながら、無事に目的地へと到着するわけですね。


■身の回りに、いい中学いい高校、いい大学を出ていい会社に入り、退職まで
 勤めるというロールモデル(規範)しかなかった場合、いつのまにかその
 単線的な価値観に支配されてしまいがち。


■そうなると、その路線がプチッと切れたときにパニックに陥り、打つ手なし
 という状態に至ってしまいます。

 自分の存在基盤が根本から揺らいでしまい、経済的にはもちろんのこと、
 それ以上に精神的なショックを受けて立ち直れなくなってしまうのです。


■しかし、いろんな生き方や価値観を知ることにより、今自分が最も重きを
 置いている価値観が実は多種多様な考え方のうちの1つにすぎなかったこと
 が意識できるようになります。


■そしてその1つの価値観が崩れてしまったとしても、バックアップ回線が
 作動して、その状況に立ったあなたにとって適切なロールモデルが目の前に
 現れるようになります。


■なぜ私がいつもいつもたくさんの本を読むことを勧めたり、多くの人と会う
 ことを推奨するのかといいますと、それによって

 「ああ、こういう考え方もあるじゃないか」とか、

 「こういう発想の仕方もあるのだな」

 「こういう世界観を持っている人もいるのか」

 「こういう未来予測を立てている人がいるんだ」

 と、十人十色、百人百色のモデルに触れることができるからです。

 それを繰り返していくうちに、みるみる自分の中のオプションは増えて
 いきます。


■オプションが増え、冗長性が増すことによって、精神的な安定、安心を持つ
 ことができるようになります。

 したがって単線よりは複線、複線よりは複々線となるよう、今のあなたが
 持っている可能性や考え方を広げてくれる人と大量に出会わなければいけ
 ないのです。


■とっても重要なこと。

 いついかなる場合でも、オプションを最も多く持った者がシステムを
 支配する。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■多くのオプションを持てば持つほど、今持っているリソース    に合わせて、現在の自分の方向性を見付け出しやすくなる。   ■いろんな生き方や価値観を知ることによってオプションが    増えてくるのであるから、多くの本を読み人と会わなければ    ならない。   ■最多のオプションを持ったものがシステムを支配する。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。