毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

0493号 時間管理の秘密。将来の5分の貴重さを今から意識する。


■昨日は、なりたい自分の未来像を想像し、すでにそうなっているものとして
 時間管理にあたるべき、という話をしました。


■もしあなたが、今と同じ時間の使い方を今後もずっとしていくとしたなら
 どうなるでしょうか。

 きっとあなたの未来像というものは、今のあなたの延長線上にイメージでき
 るそのままの姿になるでしょう。


■今の状態から一気に次のステージに上がろうとするときに重要なのは、
 すでにあなたがなりたい自分になったものと考え、未来の自分になり
 きって、そのセルフイメージのままに行動することです。


■一つのモデルとして、私は上場ベンチャーの社長というものはどういう
 時間の使い方をしてるのかということをいつも考えています。

 (彼らが一番、私にとってイメージしやすい、時間管理の達人だと
  思うからで、私自身がなりたいかどうかは別問題ですが)


■ですから、必ず彼らをイメージしなければならない、ということでは
 なく、あなたがイメージしやすい「こうなったらいいな」像を既に
 持っている具体的な人、あるいはそういったジャンルの人を想定
 されると良いかと思います。


■要は、彼らの状態を想像し、それに合わせようとしたときに、今まで
 とは全く違った時間の使い方になるということが大事なのです。

 事実、こうした意識を持ち始めたとたん、単位時間当たりの生産性という
 ものが格段に上昇をし始めたという感覚があります。


■上場企業の社長の5分、10分、15分というものが極めて重要なように、
 私にとっても、5分、10分、15分という時間は極めて貴重な時間に
 なりました。

 ですから、そういう感覚を共有できない人と時間を過ごすのはたいへん
 苦痛に感じます。


■高飛車なようではありますが、そのような感覚を理解していただけ
 ない人とは、お付き合いさせていただくことはどうしてもできない
 のです。


■もちろん、私がプライベートで会っている人には、そのようなことは
 要求しません。(当たり前ですが)

 そういうときに流れている時間と、オンタイムで流れている時間とは
 全く質が異なるということを言いたいのです。


■オンタイムの時間には、できれば、こうした感覚を共有する人とだけ
 お付き合いをさせていただきたい。

 ちょっと偉そうに書いてしまいましたが、そんな感じでいければいいな
 と思っているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■今と同じ時間の使い方を今後もずっとしていったなら、自分    の未来像は今の自分が想像できるものにしかならない。   ■今の状態から一気に次のステージに上がろうとするときには    なりたい未来の自分になりきって行動すること。   ■(たとえば)上場企業の社長としてのセルフイメージを    持った瞬間から1分1秒が貴重になる。   ■そうした感覚を共有できる相手と付き合い続ければ成功は    約束されたようなものだと言えよう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。